HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

気管支肺炎


 肺炎の病変の形態による分類では、〔肺胞性肺炎〕と〔間質性肺炎〕とがあります。

 〔気管支肺炎〕は、肺内部の気管支壁に肺胞が出現する部分の「細気管支」や「小葉」部分で発生する肺炎です。

 近年みられる大部分の肺炎は、このタイプの肺炎で、〔小葉性肺炎〕とか〔巣状肺炎〕とも呼ばれます。


 気管支肺炎は、炎症の範囲が細気管支と肺胞を含む小葉に限局している肺炎です。

 咳や黄色い痰、数日間以上継続した発熱がみられ、食欲低下や全身倦怠の症状が現われます。

 風邪やインフルエンザ感染後に発症することが多い市中肺炎です。