HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

気管支拡張症


 〔気管支拡張症〕は、気管支の内部が円柱状や袋状に拡張し広がってしまう病気です。

 肺全体に起こる場合と局所的に起こる場合がありますが、一度広がってしまった気管支は元に戻ることはありません。

 早朝に、咳とともに黄色から緑色の痰が大量にでるのが特徴です。


 大人は自力で痰を切れますが、小児ではそれができなくなり、拡張部分が更に広がってしまいます。

 気道に痰がたまらないように排出するのが重要ですが、その方法として「体位ドレナージ」と呼ばれる方法が有効です。

 この方法では、患者は少し下り傾斜の場所で横向きになって寝ます。治療者は丸めた手で胸壁を軽く叩き、分泌物をほぐすために素速くマッサージします。少し力を入れて咳をするのも痰を吐き出すのに役立ちます。


気管支拡張症はどんな病気ですか? ◆「気管支拡張症」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
気管支拡張症は
どんな病気ですか?
 気管支拡張症は、気管支の内部が円柱状や袋状に拡張し広がってしまう病気で、肺全体に起こる場合と局所的に起こる場合があります。気管支は、一度広がってしまうと、元に戻ることはありません。




気管支拡張症はどんな症状ですか? ◆「気管支拡張症」の症状をご説明します。
気管支拡張症の症状  この病気が進行し始めるのは幼少時ですが、現実に発症するのはずっと後になってからのことで、ほぼ年齢を問わず発症しはじめ数年間かけて悪化していきます。早朝と夕方に痰をともなう咳がでて、一般的に喀血もみられます。主に早朝に、咳とともに黄色から緑色の痰が大量にでるようになります。大人は自力で痰を切れますが、小児ではそれができなくなり、拡張部分が更に広がってしまいます。

 拡張部分は浄化作用が低下し、痰がたまって細菌などが増殖しやすくなり気管支炎や肺炎に罹りやすくなります。拡張した気管支には血管も増殖するため、血痰や喀血も出現します。発熱を伴うことや、呼吸困難になることもあります。

 気管支拡張症が広範囲におよぶ場合は、喘鳴や息切れが生じたり、慢性気管支炎や肺気腫、気管支喘息などを併発する危険性もあります。滅多には起こらないものの、極めて重篤な場合には、呼吸不全を引き起こすこともあります。


気管支拡張症の原因は何ですか? ◆「気管支拡張症」の原因や発症の仕組みをご説明します。
気管支拡張症の原因  この病気では、気管支の壁の一部が破壊されて慢性的な炎症が起こり、線毛細胞は損傷破壊されて粘液がたまっていきます。気管支の壁は徐々に弾力性を失い、気道は拡張して小さな風船に似た袋状の部分ができることがあります。

 気管支拡張症の発症原因には、先天性原因、後天性原因、および他の疾患に引き続き発症するものとがあります。先天性の原因には、誕生時より気管支拡張症が存在、気管支壁の先天性脆弱、線毛不動症候群、粘液分泌機能異常などがあります。また、後天性原因には、幼児期の肺炎、気管支炎による感染が重要な因子です。

気管支拡張症の発症原因
先天性原因  誕生時点で既に気管支拡張症が存在している場合があります。

後天性原因  気管支線毛運動の機能障害が基礎にあると、気道感染を繰り返して気管支拡張症が出現します。副鼻腔炎を合併していることが多くみられます。

 幼少時期に、重症呼吸器感染症に感染すると、病気に罹った部位の気道が損傷をうけ、その部位での感染を繰り返し、後に気管支拡張症に発展します。

多疾患に引き続き発症  肺結核、肺化膿症、塵肺などの疾患に引き続き、出現することがあります。



気管支拡張症の診断はどうなりますか? ◆「気管支拡張症」の検査方法や診断方法をご説明します。
気管支拡張症の診断  先ず、下記のような症状があると罹患している可能性があります。

  ・黄色~緑色の痰を伴う持続する咳、時に血痰や喀痰が出現
  ・副鼻腔炎(蓄膿症)になったり、現在治療中の人
  ・幼少時、肺炎にかかったことがある人

 気管支拡張症の疑いがある患者に対して、病気の程度と部位を確認するための検査を行います。X線検査でこの病気による病変を検出します。X線検査では異常がはっきりしないこともあり、精密には胸部CT検査で診断し確定します。この病気の原因を詳細に調べるために、呼吸機能検査や気管支鏡検査などを行います。


気管支拡張症の治療はどうやりますか? ◆「気管支拡張症」の治療方法をご説明します。
気管支拡張症の治療  気管支拡張症は、不可逆的病変であり、一旦拡張した気管支を元に戻すことは不可能です。従って、この病気の治療の目標は、第一義的に拡大が広がらないようにすることとなります。この病気の治療法は次の様になります。

気管支拡張症の治療法
拡大の防止  現状より状況を悪化させないために最も重要なのは、痰の排出を促進することです。このための具体的方法は、「体位ドレナージ」を習慣化することとなります。

感染の防止  感染症を併発している場合には、マクロライド系の抗菌薬を使用します。症状が悪化した場合は、別の抗菌薬に切り替えたりします。非常に重症化したときは、入院しての抗菌薬の静脈注射などの処置が必要です。

薬物療法  喘息のような咳がひどい場合は、気管支拡張薬を使用します。また、血痰を伴う場合は止血薬の使用も必要です。

 止血薬を使用しても喀血が続くときは、出血にかかわる動脈に太ももからカテーテルを挿入して血管を塞ぐ気管支動脈塞栓術を行うこともあります。感染症を何度も繰り返す場合、気管支の一部を切除することもあります。