HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

肺性心


 肺性心は、何らかの肺疾患が原因となって、心臓に異常をきたす病気です。

 心臓の右心室は、身体中を循環してきた二酸化炭素を多く含んだ血液を、一種のポンプの役割をもち、肺動脈として肺に送り込む働きをしています。

 肺動脈から肺に送り込まれた血液は、肺の肺胞で二酸化炭素を奪われ、代わって酸素を供給されるというガス交換作用を受け肺静脈となります。


 肺静脈血液は、心臓の左心房経由で左心室に送り込まれ、今度は左心室から動脈血となって、酸素を供給するために、全身へと送り込まれます。

 もしも、何らかの肺疾患がもとで肺動脈の血流が悪くなると、血流を増やそうとして、肺動脈の血圧が上昇します。血液を多く送り出そうと、右心室には強い負荷がかかります。

 その結果、右心室は肥大拡張(右心拡大)の状態に陥り、やがて右心室が正常に機能しない右心不全を引き起こし、この状態が〔肺性心〕という病気です。

 肺性心になると、咳や痰が出て疲れやすい症状が起こります。呼吸困難となり胸では喘鳴がしてきます。症状の進行に伴ってチアノーゼが起こり、胸部痛、頚静脈の怒張、静脈拍動、浮腫もきたし、喀血も見られるようになり、時には突然死を招くこともあります。

 肺気腫や気管支拡張症などの疾患があって、右心室が慢性的な機能不全に陥った場合には、〔慢性肺性心〕と呼ばれます。原因となる病気の症状に加えて、安静時でも激しい呼吸や胸部痛、喀血、チアノーゼが見られ、更にめまいや嗜眠症などの脳障害、肝肥大、末梢の浮腫が出現します。

 肺塞栓が起こると〔急性肺性心〕となります。また、〔慢性閉塞性肺疾患(COPD)〕や〔慢性気管支喘息〕などの慢性肺疾患と肺血管の病気があると〔慢性肺疾患〕を起こします。


肺性心はどんな病気ですか? ◆〔肺性心〕とは、一体どんな病気なのかご説明します。
肺性心は
どんな病気ですか?





肺性心はどんな症状ですか? ◆〔肺性心〕の症状をご説明します。
肺性心の症状


肺性心の原因は何ですか? ◆〔肺性心〕の原因や発症の仕組みをご説明します。
肺性心の原因


肺性心の診断はどうなりますか? ◆〔肺性心〕の検査方法や診断方法をご説明します。
肺性心の診断


肺性心の治療はどうやりますか? ◆〔肺性心〕の治療方法をご説明します。
肺性心の治療

肺性心の治療法
@@@

@@@

@@@