HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

急性胃炎


 通常、〔胃炎〕と呼ばれる病気には〔急性胃炎〕と〔慢性胃炎〕の二つがあります。

 胃の最も内側の粘膜は胃酸から胃壁を守る防御機能を備えていますが、何らかの原因で胃の粘膜に炎症が起こるのが〔急性胃炎〕です。

 〔急性胃炎〕になるとみぞおちの痛み、腹痛、吐き気、嘔吐など激しい症状が現れます。


 〔急性胃炎〕は、それを引き起こしている原因がなくなれば数日で軽快するのが普通です。しかし、重症の場合には吐血や下血を引き起こすこともあり注意が必要です。

 〔急性胃炎〕の主な原因は薬剤と過度のストレスだとされています。

 たとえば、嗜好品のコーヒーや緑茶などの飲み過ぎ、香辛料の多すぎる摂取などが原因となるし、風邪薬や鎮痛剤などの医薬品も原因となりやすいです。

 〔急性胃炎〕は、症状が軽い場合であれば、市販の胃腸薬を服用することで軽快することが多いですし、食事もおかゆなど消化のいいものを摂取することで軽快します。また、安静に過ごすことも大事です。


どんな病気ですか? ◆「急性胃炎」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
どんな病気ですか?  急性胃炎は、さまざまは原因で発症する胃の急性炎症の総称です。多くの場合、上腹部で胃のむかつきやげっぷ、食欲不振、ときには嘔吐や下痢、発熱、吐血などの症状を伴います。

 多くの場合、暴飲暴食・医薬品の副作用・過労・睡眠不足・精神的ストレス等が原因となって発症します。

 通常は、原因を除去することで数日で治癒しますが、このようなことを際限なく繰り返している内に慢性胃炎へと発展してしまう恐れがあります。




どんな症状ですか? ◆「急性胃炎」の症状をご説明します。
急性胃炎の種類と症状  急性胃炎の典型的な症状は、食欲不振や腹痛、腹部不快感、吐き気や嘔吐、下痢などで、酷くなると吐血することもあります。また、原因によっては胃の症状のほか、発熱や全身の倦怠感などがみられることもあります。

 胃の粘膜に炎症を引き起こす病気を総称して「胃炎」といいますが、中でも急激に症状が現れて、比較的短期間で治まり回復するのが急性胃炎です。

 急性胃炎は、その原因や症状などにより、大きくは「急性外因性胃炎」と「急性内因性胃炎」の2つの分けられます。それぞれの種類は更にいくつかに分類されています。

急性外因性胃炎
急性単純性胃炎  急性外因性胃炎には、急性単純性胃炎と、急性腐食性胃炎とがあります。急性外因性胃炎で最も多いのは、暴飲暴食や薬剤の副作用、過労や心身のストレス、睡眠不足、放射線の被曝などです。

 暴飲暴食や強い香辛料の食べすぎ、冷たいものや熱いものなど刺激性食品の摂り過ぎの場合には、「食事性胃炎」とも呼ばれます。

 医薬品の副作用として発症する胃炎は、「薬剤性胃炎」とも呼ばれます。

 一般に、飲食後、あるいは服薬後しばらくして、上腹部に痛みを感じたり、むかついたりという症状が現れてきます。酷い時には、嘔吐や吐血を伴うこともあります。

 急性単純性胃炎の場合、原因が除去されれば、通常は数時間~数日間で軽快するのが普通です。

急性腐食性胃炎  農薬や毒物などの強い酸や強いアルカリ剤を誤飲してしまった時に起こるのが、急性腐食性胃炎です。また、化学物質の誤飲などによる「中毒性胃炎」もあります。

 口から咽頭、胃にかけて、激しく焼けるように痛みが起こります。場合によっては、生命の危険も伴うので、病院での緊急治療が必要となります。すぐに救急車を呼ばなければなりません。


急性内因性胃炎
急性感染性胃炎  急性感染性胃炎は、細菌やウイルスの感染、インフルエンザ、ウイルス性肝炎、腸チフス、肺炎などのような、消化器官以外の感染症の合併症として起こる胃炎です。

 病原菌が胃腸の粘膜に損傷を与えることで、腹痛、むかつき、嘔吐、下痢など症状がでます。

急性化膿性胃炎  急性化膿性胃炎は、溶血性連鎖球菌、ブドウ球菌などの感染で胃の粘膜下層に炎症が起きて発症する胃炎です。周辺臓器など、他の部位からの細菌が胃の粘膜下層に入って化膿することで発病します。

 急性化膿性胃炎には、胃粘膜の傷から直接細菌が侵入する原発性、周辺臓器など、他の部位からの細菌が胃の粘膜下層に入ってくる他臓器感染巣からの転移による続発性、およびおよび成因不明の特発性という3つがあります。

 急性化膿性胃炎では、悪寒や戦慄、 上腹部激痛、 悪心、嘔吐などの症状が現れます。

アレルギー性胃炎  サバなどの魚介類を食べた時に起こりやすいのがアレルギー性胃炎です。

 食事の後に、急激な胃の痛み、むかつき、嘔吐などに襲われます。



原因は何ですか? ◆「急性胃炎」の原因や発症の仕組みをご説明します。
急性胃炎の原因  既に「急性胃炎の種類と症状」の項で説明したとおり、急性胃炎の発症原因はさまざまですが、多くの場合は暴飲暴食などの不摂生に起因します。特にアルコール多飲者では、アルコールによる胃粘膜の損傷、胃酸分泌の促進などが影響します。

 かぜ薬や抗生物質など、胃の粘膜を直接的に刺激する医薬品の副作用によっても発症しやすいです。また、細菌による食中毒や食品アレルギー、心身のストレスが原因となって潰瘍ができ、その潰瘍からの出血や粘膜の炎症が原因となって胃炎の症状を呈するようになります。

 日常生活でも、刺激性の食物や飲料、コーヒー、冷たいもの、熱いものなどを摂り過ぎたり、唐辛子などの刺激性香辛料を大量に食したりすると胃炎になりやすくなります。また、タバコの吸いすぎ、不規則な生活なども原因となります。


診断はどうなりますか? ◆「急性胃炎」の検査方法や診断方法をご説明します。
急性胃炎の診断  急性胃炎の診断には、上部消化管内視鏡検査が最も最も有効です。急性胃炎の症状があって、しかも、内視鏡(胃カメラ)で胃内に発赤、出血、びらんが確認されれば、胃炎と診断されます。


治療はどうやりますか? ◆「急性胃炎」の治療方法をご説明します。
急性胃炎の治療  急性胃炎は、その発生原因が分かっていれば、それを除去することが治療の基本です。さらに、症状に応じて、食事療法や薬物療法などの治療を行います。

 症状が軽度の場合には、食事療法などで容易に軽快しますが、下痢や嘔吐がひどいときには、脱水症状を招く恐れが強いので病院での適切な治療が必要です。

 出血が多いときには、内視鏡下での止血が必要となることがあります。

 内因性急性胃炎では、外因性急性胃炎と同様に、先ずは胃炎の症状を抑える対症療法を施すだけでなく、原因となっている病気自体の治療が不可欠です。

急性胃炎の食事療法  通常、急性胃炎の原因を除去し、かつ短期間の絶食、あるいはおかゆ・うどんなど消化の良い食事を摂取するなどして、数日間安静を保てば症状は軽快します。

 この場合、半日以上の絶食で胃を休ませるのが効果的ですが、十分な水分補給は必要です。完全に治癒するまでは、アルコール、コーヒー、カレーライスなどのような刺激性のある食品は避けた方がよいです。

 急性胃炎に限らず、胸焼けや慢性的な胃炎がある人は、食生活だけでなく日常生活に問題がある場合が多いとされています。暴飲暴食、刺激物の摂取、アルコール、タバコ、不規則な食事などを改善したり、ストレス解消などについて積極的な改善が必要となります。

急性胃炎の薬物療法  急性胃炎の薬物療法では、症状に応じて鎮痛薬や胃酸の分泌を抑制する薬、胃の粘膜を保護する薬などを用います。

ピロリ菌退治  胃炎には、急性胃炎のほかに、それが長期間継続的に続いたために慢性化した慢性胃炎と呼ばれる胃炎もあります。急性胃炎でも慢性胃炎でも、胃の中に存在する細菌「ヘリコバクター・ピロリ菌」の関与が強く疑われています。

 最近の研究では、胃の中に常在するヘリコバクター・ピロリ菌が、胃粘膜にダメージを与え、それが慢性胃炎の主な原因になっていると分かってきました。

 このヘリコバクター・ピロリ菌を退治することによって、改善が見られるとされています。現在では、ヘリコバクター・ピロリ菌は薬剤によりほぼ完全に除菌できますから、このような治療を受けるとよいでしょう。


合併症はありますか? ◆「急性胃炎」の合併症についてご説明します。
急性胃炎の合併症  単純性急性胃炎では、ほとんど合併症はありませんが、まれに肝臓や胆道の病気を誘発することがあります。

 しかし、腐食性急性胃炎や化膿性急性胃炎では、症状が激しくなると胃穿孔や胃出血など、重篤な合併症が起こる危険性があります。


予後はどうですか? ◆「急性胃炎」の予後をご説明します。
急性胃炎の予後  急性胃炎の一番深刻な問題点は、度重なる急性胃炎を経験しているうちに、慢性胃炎に移行してしまうことで、こうなると治療も大変なので特に注意しなくてはいけません。

 慢性胃炎は、胃の粘膜に繰り返し炎症を起こすような状態が続いた結果、胃液を分泌する胃腺組織自体の破壊や、減少、消失がみられる症状をいいます。

 また、急性胃炎と同様な症状を呈する多くの病気があることも知られていますので、自己判断で急性胃炎と決めてしまうのも危険です。

 症状が繰り返すようなら、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、胆石症、膵炎などの病気が潜んでいることもあるので、専門医の診断を受ける必要があります。高齢者や子どもの場合には、虫垂炎でも同様な症状を呈します。