HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

単純性甲状腺腫


 甲状腺の機能に異常がなく、〔バセドウ病〕や〔慢性甲状腺炎〕や〔腫瘍〕〔ホルモン合成障害〕など特別な原因がないのに、甲状腺が大きく腫れあがる病気です。

 若い人に多く発生するものの、通常は自然治癒するので経過を見守る程度で済みます。


 〔単純性甲状腺腫〕の原因としては、思春期や妊娠した女性などの甲状腺ホルモンの需要が増大した場合や、軽度の甲状腺ホルモンの先天的な合成障害などがあります。

 これらの原因で不足する甲状腺ホルモンを補うために、甲状腺は沢山のホルモンを作り出そうとして、大きく腫れるのです。


どんな病気ですか? ◆「単純性甲状腺腫」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
どんな病気ですか?  単純性甲状腺腫とは、甲状腺機能亢進症状や低下症状が何もない上、炎症や腫瘍もない状態で、単に前頸部にある甲状腺が腫脹が認められる病気です。特に治療を必要としない、軟らかくびまん性のある甲状腺腫を指します。この病気では、血中甲状腺ホルモン値は正常で、かつ抗甲状腺自己抗体は陰性です。

 若い人に多い思春期甲状腺腫、ヨード欠乏地域に多い地方性甲状腺腫、先端巨大症での甲状腺腫などがあります。




どんな症状ですか? ◆「単純性甲状腺腫」の症状をご説明します。
単純性甲状腺腫の症状  甲状腺腫が巨大化すれば器官や食道を圧迫して呼吸困難や燕下困難をきたすことがありますが、この病気の場合には、このような症状があっても甲状腺機能検査をすれば正常と判定されます。


原因は何ですか? ◆「単純性甲状腺腫」の原因や発症の仕組みをご説明します。
単純性甲状腺腫の原因  何らかの原因により生体に必要な甲状腺ホルモンが不足の状態となり、これを補うために甲状腺が肥大した状態です。

 甲状腺ホルモンが不足する原因には、思春期や妊娠などにより甲状腺ホルモンの需要の増大、地域的なヨード欠乏、海藻などからのヨードの摂取不足や過剰摂取、甲状腺ホルモン合成酵素の軽度の障害、先天的で軽度な甲状腺ホルモン合成障害などがあります。


診断はどうなりますか? ◆「単純性甲状腺腫」の検査方法や診断方法をご説明します。
単純性甲状腺腫の診断  単純性甲状腺腫では、甲状腺が肥大していますが、甲状腺機能検査を行うと、すべて正常という結果がでます。このように、単純性甲状腺腫では、甲状腺ホルモン値は正常であり、抗甲状腺自己抗体も陰性となります。

 もしも、甲状腺機能が亢進(強く出すぎたり)していたり、低下している場合には、別の疾患です。この場合は、橋本病やバセドウ病などとの区別のために血液検査が必要です。


治療はどうやりますか? ◆「単純性甲状腺腫」の治療方法をご説明します。
単純性甲状腺腫の治療  この病気は、基本的に甲状腺機能は正常なので治療は不要です。通常、何も治療することはなく、経過を観察します。しかし、将来的には甲状腺機能が変化する可能性もあるので、少なくとも年に一回の検査が必要です。

 しかし、甲状腺腫が大き目で気になる場合や圧迫症状が強い場合には、甲状腺腫の縮小を目指して甲状腺ホルモン製剤を用いることがあります。