HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔急性リンパ性白血病〕

 

 〔急性リンパ性白血病〕は、白血病の一種で、〔ALL:(Acute Lymphoid Leukemia)〕とも呼ばれる病気です。ALLは、リンパ球の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失ってしまう疾患です。

 急性リンパ急性白血病では、リンパ球系が増加するため、顆粒球系、赤血球系、血小板系は減少します。T細胞型の急性リンパ急性白血病では、末梢血における白血球が著明に増加する特徴があります。

 急性リンパ性白血病では、脾腫をふれることがありますが、巨脾になることはありません。


 小児の急性白血病の多くは、急性リンパ性白血病です。欧米では白血病の中で、急性リンパ性白血病が大部分を占めますが、日本では急性骨髄性白血病の方が多く発症します。

 初診時の年齢が1歳以下、または10歳以上の乳幼児・学童では、初診時2~6歳の幼児に比べて予後は明らかに不良となります。

 白血病細胞がT細胞型であったり、初診時の末梢白血球数が5万以上ならば予後不良を示唆します。また、男女差では男児の方が予後不良ですし、中枢神経系浸潤がある場合にも予後不良となります。


f