HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

リンパ増殖性疾患とは


 リンパ管は、血管と同じように全身に網目のように張り巡らされていて組織内の体液を運搬する管です。

 リンパには二つの機能があり、ひとつ目は外部より侵入する外敵を撃退する免疫機能で、二つ目は組織内の水分や老廃物を運搬する機能です。

 リンパは、外部より侵入してくる細菌やウイルスなどの感染原因微生物を阻止、攻撃し破壊します。


 身体表面に軽い怪我をしたりしたとき、傷口から連鎖球菌やブドウ球菌などの病原菌が感染するとリンパ液が集合し撃退しようとして炎症を起こし傷口が化膿します。

 また、リンパ腺内を流れているリンパ液は、体内のあちこちで不要になった水分や老廃物を集め、運搬する機能を果たします。

 何らかの原因で体液の回収機能に問題が起こると、組織中に血漿蛋白や水分が停滞してさまざまな症状を呈します。
 細菌やウイルスなどの病原微生物への感染によりリンパ節が腫れ圧痛を伴うこともあります。

 主なリンパ増殖性疾患には、次のような4つの種類などがあります。

 ・〔リンパ浮腫〕
 ・〔リンパ節炎〕
 ・〔菌状息肉症〕
 ・〔悪性リンパ腫〕


こんな病気があります ◆「リンパ増殖性疾患」には、こんな病気があります。
リンパ浮腫  リンパ系には二つの機能があり、一つ目が体の中に存在する蛋白などを回収する働き、二つ目がリンパ球などを介して細菌、ウイルス、腫瘍の転移を防ぐ防御機能です。

 体液の回収機能に問題が起こり、組織の中に血漿蛋白や水分が停滞してしまった状態がリンパ浮腫で、手足のこわばり、筋力低下、痛みなどの症状が出ます。乳がんや子宮がんなどの外科手術を行った後に、後遺障害として発症するすることが多い病気です。

リンパ節炎  リンパ管は全身に張り巡らされています。リンパ管の節々には「リンパ節」があり、リンパ液を産生したり、侵入してくる細菌などの外敵に対して、そこで侵入を食い止めるべく防衛します。

 細菌などの外敵が侵入してくると、免疫機構のひとつであるリンパ球は、リンパ節で盛んに産生され外敵を攻撃します。その結果として、リンパ節が炎症を起こして腫れるのがリンパ節炎です。

 リンパ節炎には、急性リンパ節炎と慢性リンパ節炎とがあります。

菌状息肉症  菌状息肉症は、皮膚に原発する非ホジキンリンパ腫です。Tリンパ球細胞が悪性化して皮膚を侵す悪性リンパ腫のひとつで、皮膚に症状が出現する病気です。発生原因は明らかでありません。

 菌状息肉症は、長い経過をたどった後に「紅斑期」「局面期(扁平浸潤期)」「腫瘤期」および「内臓浸潤期」と進行します。

 この病気の発生頻度は極めて稀ですが、発症した場合には、予後は極めて悪い病気です。

悪性リンパ腫  悪性リンパ腫は血液のがんのひとつであり、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍です。リンパ組織であるリンパ節、リンパ管、脾臓、胸腺、扁桃などの中で悪性細胞が増殖する病気です。

 悪性リンパ腫は、様々な病型のリンパ系組織に発生するがんの総称であり、病型には大別して「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の二種類があります。欧米ではホジキンリンパ腫が多く、日本では非ホジキンリンパ腫が大多数を占めています。

 悪性リンパ腫が発症すると、首、腋(わき)の下、足のつけ根などのリンパ節が腫れ、しこりに触れるなどの症状が出現します。また、全身症状として「発熱」「体重減少」および「盗汗」という三大症状を呈します。

 悪性リンパ腫は、全身のリンパ系組織のどの部位にも発症するため、治療を行ってもがん細胞を完全に除去できたかどうかは証明できません。このため、腫瘍を検出できなくなっても「完治」はなく、「緩解」または「寛解」したと表現します。




f