HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

マクログロブリン血症


 〔マクログロブリン血症〕は、形質細胞のがんで単一のクローンの形質細胞が大型のIgM抗体(マクログロブリン)を過剰に産生する病気で、血清中に異常な免疫グロブリンがみられます。

 過剰に産生されたマクログロブリンは骨髄やリンパ節、脾臓中に集積し、肥大化することがあります。

 過剰なマクログロブリンの産生で血液は粘稠化し、小血管に血流障害の生じることがあります。


 〔マクログロブリン血症〕の患者の多くは特別な症状はなく通常の血液検査などでたんぱく質の値の異常から偶然発見されることが多い病気です。

 マクログロブリンの増加に伴う血液粘度の上昇により、身体各部への血流が阻害され、〔過粘稠度症候群〕と呼ばれる症状がでることがあります。

 症状としては、皮膚や口・鼻・消化管粘膜からの出血、貧血、疲労感、脱力感、頭痛、視力障害、錯乱、めまい、昏睡などが現れます。
 また、悪性の形質細胞の浸潤によりリンパ節の腫れや肝臓、脾臓の肥大がみられます。正常な抗体が十分に産生されないため、細菌感染しやすくなり発熱や悪寒も生じます。

 〔マクログロブリン血症〕は、高齢者ほど発症率が高くなり発症する平均年齢は65歳です。また、女性より男性の方が発症率は高くなっています。特別な治療をしなくても発症後5年以上生存する人もいます。




f