HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

単純性紫斑病


 一般に〔紫斑病〕は、何らかの原因で出血しやすく、皮膚や粘膜、内臓などに大小の出血斑を生じる病気です。

 〔単純性紫斑病〕は、毛細血管の抵抗が減少したか透過性が高まったために出血を起こす病気で、症状が比較的軽度のものをいいます。

 〔単純性紫斑病〕は、四肢、特に下肢の皮膚表面に紫紅色の出血斑ができることが多い病気です。特に女性では、過労時や月経時などに皮下に紫斑が出ることが多いです。


 この病気には、特別な全身症状はなく、主に下肢にポツポツした米粒大の点状の出血斑が多数散在して現れます。ときに色素の沈着を残すことがあります。特別な痛みなどの自覚症状はなく、症状は3~4週間続くことがあります。

 20代の女性に多く発症します。春、秋に多く発症する傾向があります。





f