HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

痒疹


 〔痒疹〕は、皮膚表面にしこりと丘疹ができ、強い痒みをともなう皮膚疾患です。

 掻き毟るとますます広がり悪化します。

 〔痒疹〕は虫刺され、〔薬疹〕〔アレルギー性皮膚炎〕などが原因で発症します。

 稀に内臓疾患が原因となっている場合もあります。


 〔痒疹〕の症状には、〔急性痒疹〕〔慢性痒疹〕の二つがあります。また、〔痒疹〕の種類には、〔結節性痒疹〕〔妊娠性痒疹〕〔色素性痒疹〕などいくつかの種類があります。

 日常生活におけるスキンケアが、痒疹防止には不可欠です。保湿剤などをうまく使って、皮膚を清潔に保ち乾燥を予防しなくてはいけません。入浴時にもあまり熱いお風呂は肌も角層機能を損ない、痒みを増強させてしまうので注意が必要です。



どんな病気ですか? ◆「痒疹・皮膚掻痒症」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
どんな病気ですか?  痒疹は非常に強い痒みを伴う皮膚病で、皮膚表面に丘疹ができ、掻きむしると段々硬い結節と呼ばれるボツボツができる病気です。痒疹の痒さは湿疹に似ていますが、結節ができることが特徴です。

 痒疹では、湿疹とは異なり、個々の発疹は独立していて融合することがありません。治療法は痒みを抑えることが先決ですが、それもなかなか難しくて完治には長期間かかります。




どんな症状ですか? ◆「痒疹・皮膚掻痒症」の症状をご説明します。
痒疹・皮膚掻痒症の症状  痒疹は、強い痒みを伴う結節性(しこり)の丘疹が四肢や全身に現れます。結節は融合傾向はなす個々に独立して散在する特徴があります。痒疹の種類には「急性痒疹」や「多型慢性痒疹」「結節性痒疹」「色素性痒疹」および「妊娠性痒疹」などがあります。

痒疹の種類
急性痒疹  ある種の過敏性をもつ乳幼児などが、虫指されの後に痒さのために掻きむしっているうちに、発症する痒疹で、赤くなり腫れる丘疹や小さな水疱性丘疹ができます。

多型慢性痒疹  中高年以降の男性などで、体幹部、臀部などに大小の丘疹や結節が出現する痒疹です。慢性化しなかなか治まりません。

結節性痒疹  暗褐色の硬いしこりのある丘疹が多はすする痒疹で、慢性化する場合が多い痒疹です。

色素性痒疹  10~20歳代の女子に多く発症する丘疹で、背中、前胸部などに赤い丘疹が出現する痒疹です。

妊娠性痒疹  妊娠3~4か月以降の妊娠中期の女性に生じる多発性の痒疹で、主に四肢伸側に強い痒みを伴う小さな丘疹ができます。掻いているうちに丘疹は四肢や腹部、背部に広がります。

 初回の妊娠でも発症することはありますが、多くの場合2回目以降の妊娠で発症する特徴があり、妊娠の都度再発します。出産後には軽快する特徴があります。



原因は何ですか? ◆「痒疹・皮膚掻痒症」の原因や発症の仕組みをご説明します。
痒疹・皮膚掻痒症の原因  痒みは外的刺激や内的刺激のどちらによっても起こります。体外から、物理的・化学的な皮膚刺激があると、皮膚の痒み受容体を直接的に刺激することで痒みを発症します。

 一方、内的刺激は自分自身の身体内部からの刺激により痒みが発症するもので、体内から痒み刺激物質(アレルゲン)が発生し、痒み受容体を刺激することで痒みを発症します。


診断はどうなりますか? ◆「痒疹・皮膚掻痒症」の検査方法や診断方法をご説明します。
痒疹・皮膚掻痒症の診断  痒疹の診断は、症状の発症するきっかけになったこと、例えば最初に虫刺されがあり、それを掻きむしっているうちに発症したなどの状況と現時点での発疹、丘疹の状態などから行います。

 しかし、痒疹は、全身性疾患や内臓疾患など、さまざまな原因疾患を背景に発症することがあるので、血液検査やX線検査などで基礎となる潜在疾患がないか確認することがあります。


治療はどうやりますか? ◆「痒疹・皮膚掻痒症」の治療方法をご説明します。
痒疹・皮膚掻痒症の治療  通常、痒疹の治療は薬物療法により行います。使用される薬物はステロイド外用薬ですが、痒みが特に強い場合には抗アレルギー薬の内服をすることもあります。また、生活指導・生活習慣の改善も必用です。

痒疹の薬物療法  痒疹の治療に使用される薬物は、主に痒みの抑制用薬物であり、外用薬、内服薬、注射薬および特殊療法薬があります。

痒疹の薬物療法薬
外用薬  痒疹の痒みの抑制には主に外用薬が使われます。先ず、乾燥した皮膚にできる痒疹には保湿が重要で、保湿剤として白色ワセリンや尿素製剤、ヘパリン類似物質含有軟膏などを使い、水分と油分を補います。

 保湿剤で痒みが治まらないときは、レスタミン軟膏やベナパスタなどの抗ヒスタミン外用薬を使います。これらの薬剤の止痒効果はそれほど強くありません。抗ヒスタミン薬ではないものの、オイラックスは刺激作用により痒みを和らげます。

 湿疹や皮膚炎をともなう痒みには、外用薬にはステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン外用薬・軟膏)や、ステロイド剤を含有する絆創膏テープなどがあります。優れた抗炎症作用で痒みが抑制されます。

 ステロイド剤は、いくつかのランク分けがあり、重症度や発症部位により使い分けます。また、ステロイド軟膏を使い続けると、皮膚感染症、毛細血管拡張、皮膚萎縮などの副作用がでる心配があるので、同一部位での使用は最小限にしなくてはなりません。

内服薬  痒みを止める止痒内服薬という薬剤があります。これらは、基本的に抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬です。

 止痒内服薬(H1受容体拮抗薬)には、第一世代の古典的抗ヒスタミン剤、第二世代の抗アレルギー薬、第三世代の選択的・持続性H1受容体拮抗薬がありますが、内服薬の使用は医師の厳しい指導の下で行わないといけません。

 妊娠性痒疹の場合は胎児への影響も考え、内服薬の使用はできません。

注射薬  痒みが強い場合などに限り、ステロイド薬の注射を行うことがあります。

特殊療法薬  特殊療法として紫外線療法、オピオイド拮抗薬・作働薬などを使う療法があります。


生活習慣の改善  痒みの抑制には、皮膚のスキンケアが最重要です。皮膚を清潔にし、保湿剤などをうまく使って、乾燥を予防することが大切です。あまり熱いお湯に浸かる入浴法は、角層機能を損ね、痒みを悪化させてしまうので禁止です。

 衣類は皮膚に優しい木綿がよく、飲食物では刺激性の食品を避けなくてはなりません。住居環境として暖房のしすぎは肌を乾燥させるのでよくありません。

 重要なのは、規則正しい生活とストレスの少ない生活です。