HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

日光皮膚炎・日焼け


 〔日光皮膚炎〕は〔日焼け〕あるいは〔日光湿疹〕とも呼ばれ、太陽光線、特に紫外線を強く浴びすぎたことで皮膚に軽い火傷ができた状態のことです。

 〔日焼け〕は、太陽光線に含まれる紫外線の作用によって起こされます。

 軽症の場合はサンバーンとよばれ、皮膚が赤くなるだけですが、もっと強く日焼けするとサンターンと呼ばれ、皮膚が黒くなり水疱ができることもあります。


 〔日焼け〕や〔日光皮膚炎〕〔日光湿疹〕はいわゆる〔日光アレルギー〕のひとつの症状で、太陽光や日光の紫外線により免疫システムが作用しアレルギー反応を起こす疾患です。

 〔日光皮膚炎〕は、〔紫外線アレルギー〕〔光線過多症〕とも呼ばれます。太陽光線に晒されると、皮膚が発赤し、浮腫や発疹、丘疹、蕁麻疹、水疱などの痒みを伴う皮疹・湿疹ができます。

 多くの人では、多少の時間なら、太陽光を浴びても問題が起こりませんが、ちょっとの時間でも皮膚に異常を起こす人もいます。

 〔日光アレルギー〕は、光に対する過敏症状を引き起こすことがあります。過敏症状には、薬剤や化学物質などの刺激による〔外因性光線過敏症〕と、遺伝的異常や代謝障害などの生体内の異常による〔内因性光線過敏症〕とがあります。

日光アレルギーの原因分類
外因性光線過敏症 ・化粧品、長時間の日光浴。
・薬剤や化学物質(抗てんかん剤や抗ヒスタミン剤など)。

内因性光線過敏症 ・アレルギー体質、免疫システムの異常。
・新陳代謝やホルモンの異常。ビタミン・ミネラルなどの摂取の不足。
・エリテマトーデスなどの先天性疾患など。