HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

真珠腫性中耳炎


 耳の正常な鼓膜は太鼓の膜のようにピンと張っています。

 〔真珠腫性中耳炎〕では、中耳炎を繰り返しているうちに、鼓膜の一部の組織が奥に向かって陥没し球状に増殖して球状の「肉芽組織」を作ります。

 この肉芽はあたかも水晶の球のように見えることから「真珠腫」と呼ばれています。


 真珠腫は、本来は鼓膜が陥没し増殖・拡大して出来た組織なので、腫瘍ではありません。

 しかし、真珠腫が中耳内部に増殖することで、強い炎症を起こし、骨を破壊してしまいます。この状態が〔真珠腫性中耳炎〕と呼ばれる難治性の病気です。

 中耳の奥に増殖して入り込んだ鼓膜が中耳深部へと拡大するにつれて、さまざまな症状を呈するようになります。

 典型的な症状は、血液の混入した「血性耳漏」や、膿の混入した「膿性耳漏」が出ること、〔難聴〕や〔めまい〕〔耳鳴り〕〔顔面神経麻痺〕などの症状を合併することです。

 真珠腫は骨を溶かす性質が強く骨破壊が強く見られるために、〔真珠腫性中耳炎〕は、一般的な〔中耳炎〕より深刻な病気です。

 放置すれば、〔髄膜炎〕や〔脳膿瘍〕の原因ともなり、生命の危険におよぶこともあります。
 外科手術により、真珠腫を摘出し、真珠腫により破壊された耳小骨を補う鼓室形成術による方法が唯一の治療法です。

真珠腫