HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔好酸球性中耳炎〕

 

 〔好酸球中耳炎〕は、内耳の粘膜に「好酸球」が浸潤し、固形に近いニカワ状の滲出液がぎっしり溜まる中耳炎です。

 多くの場合、成人発症の気管支喘息患者、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の患者に合併してみられる難病です。

 好酸球とは、白血球の一種である顆粒球の1つで、直径 10~15ミクロンの大きさを持っています。


 好酸球は白血球の0.5~13%を占め、I型アレルギーで増加し、ヒスタミンを不活性化してアレルギー反応の制御を行う物質です。

 ニカワ状の貯留液が中耳腔内で固まってしまい、伝音難聴や耳閉感、耳鳴りなどの症状を呈します。

 主に、気管支喘息の発作時などに増悪します。喘息では成人してからの気管支喘息(いわゆるアスピリン喘息)の患者に多くみられます。


 ニカワ状の貯留液の除去は、鼓膜切開や鼓膜換気チューブの留置などの方法で行います。貯留物は液体ではなくほとんど固形化したニカワ状物質がぎっしり溜まるので、貯留物の除去には困難を伴います。