HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

副鼻腔炎


 鼻の内部を「鼻腔」といい、鼻腔には左右の鼻の敷居である「鼻中隔」や「中甲介」「下甲介」という棚状突起があります。

 また、鼻腔の周囲には4種類の「副鼻腔」と呼ばれる空洞があります。

 下図で示すように副鼻腔には、おでこの裏にある「前頭洞」、両目の間にある「篩骨洞」、頬の裏側にある「上顎洞」があります。


 更に、この図には描けておりませんが鼻の奥の深い部分に「蝶形骨洞」という副鼻腔があります。

 副鼻腔の内面は薄い粘膜で覆われていて、内部は通常、空気で満たされていて互いに細い穴で通じています。これらの副鼻腔に炎症が起こったものが〔副鼻腔炎〕です。

 〔副鼻腔炎〕は、4種類の副鼻腔、上顎洞や篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞のどの副鼻腔でも起こります。多くは〔鼻炎〕を合併していて〔鼻副鼻腔炎〕と呼ばれることもあります。

 〔副鼻腔炎〕は、最も多くみられる病気のひとつで、多くはアレルギーや感染が原因で起こります。〔副鼻腔炎〕の症状は、頭重感、頭痛、鼻汁(青鼻汁)、鼻づまり、副鼻腔付近の鈍痛などです。毎年1000万人以上の人が発症します。

 〔副鼻腔炎〕には、下表で示すようにいくつかの種類がありますが、慢性の場合は俗称〔蓄膿炎〕と呼ばれています。
副鼻腔

副鼻腔炎の種類
急性副鼻腔炎  急性の風邪やアレルギーなどによる鼻炎から発症するもの。

慢性副鼻腔炎  急性やアレルギー性の副鼻腔炎が長引き、副鼻腔内での膿の貯留、炎症性の粘膜肥厚、骨格などにより副鼻腔に膿が溜まりやすいなどで炎症が慢性化したもの。

 俗称〔蓄膿症〕〔蓄膿炎〕とも呼ばれる。

好酸球性副鼻腔炎  喘息合併性の副鼻腔炎で難治性であり鼻茸(鼻ポリープ)が多発するもの。

副鼻腔真菌症  主に上顎洞に真菌塊ができ炎症を起こすもので薬物治療が効果を示さないもの。