HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

肺好酸球症候群


 〔肺好酸球症候群〕は〔PIE症候群)〕とも呼ばれ、肺野の浸潤影に加えて末梢血の好酸球増加を伴った肺疾患の総称です。

 PIE症候群の病気の症状は、軽い呼吸器症状や激しい喘息発作などです。

 肺好酸球症候群の原因は、一般的には、カビ、寄生虫等によるアレルギー性の肺疾患とされていますが、多くの場合、真の原因は不明です。


 肺好酸球症候群には多くの病気があり、その分類は次の様になっています。

 尚、この〔肺好酸球症候群(PIE症候群/PIE:pulmonary infiltration with eosinophilia))〕については、今のところ詳細が分かっておりません。いずれ機会をみて調査したいと思います。

肺好酸球症候群の分類
単純性好酸球増多症
・レフラー症候群


遷延性肺好酸球増多症


アレルギー性気管支肺アスペルギルス症


熱帯性好酸球増多症

血管炎症候群
・結節性多発動脈炎に伴う肺好酸球増多症
・アレルギー性肉芽腫性血管炎
・ウェゲナー肉芽腫症