HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

チャーグ・ストラウス症候群


 〔チャーグ・ストラウス症候群(Churg-Strauss症候群)〕は、略号で〔CSS〕とも呼ばれる難病です。

 最近では、ソチ冬季オリンピックでジャンプ団体で銅メダルを獲得した竹内択選手がこの難病と闘っていたことで知られています。


 この疾患は、〔アレルギー性肉芽腫性血管炎:AGA〕とも呼ばれることがあります。更に、最近では、〔多発血管炎合併好酸球性肉芽腫症(EGPA)〕の呼称も提案されています。

 CSSは、白血球のひとつである好酸球が異常に増加する現象を伴いながら、細い血管に血管炎(血管障害)を起こさせる疾患であり、〔気管支喘息〕や〔アレルギー性鼻炎〕などの既往症を有する人に発症しやすい難病です。

 この疾患に伴う血管炎の症状は、早期発見・早期治療により治癒しますが、再発の危険性は免れません。

 日本における患者の発生数は、年間100人ほどと推定され、この疾患の治療をしている患者数は、年間1800人程度とされています。


チャーグ・ストラウス症候群はどんな病気ですか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕とは、一体どんな病気なのかご説明します。
どんな病気ですか?



@@@はどんな症状ですか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の症状をご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の症状

チャーグ・ストラウス症候群の原因は何ですか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の原因や発症の仕組みをご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の原因

チャーグ・ストラウス症候群の診断はどうなりますか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の検査方法や診断方法をご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の診断

チャーグ・ストラウス症候群の治療はどうやりますか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の治療方法をご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の治療

チャーグ・ストラウス症候群の合併症はありますか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の合併症についてご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の合併症

チャーグ・ストラウス症候群の予後はどうですか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕の予後をご説明します。
チャーグ・ストラウス症候群の予後

チャーグ・ストラウス症候群にはどんな薬が使われますか? ◆〔チャーグ・ストラウス症候群〕にはどんな薬が使われますか?▼
「チャーグ・ストラウス症候群」の薬