HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

食物アレルギー


 〔食物アレルギー〕は、特定の食品を摂取することで、免疫反応により起こるアレルギー症状をいいます。

 〔食物アレルギー〕の主な原因は、特定のたんぱく質を含む食品で、それらを飲食し摂取すると、アレルギー反応を引き起こします。

 食品によるアレルギー反応は誰にでも出るわけではなく、起こしやすい人と、そうでない人とがいます。


 食物アレルギーが出やすい体質は遺伝するといわれることが多いですが、確たる証拠があるわけでもありません。

 強い食物アレルギーを起こしやすい食品には、卵、牛乳、小麦、そば、落花生などがあり、更に、それらに次ぐものとして、サバやあわび、いか、いくらなどの多くの魚介類、筍、やまいも、オレンジ、キウイフルーツ、もも、くるみ、大豆など非常に多くの食品があります。

 アレルギー反応が起こると「全身性症状」をはじめ「皮膚粘膜症状」「消化器症状」「呼吸器症状」など多くの症状が現れますが、激しい場合には「アナフィラキシーショック」と呼ばれるショック症状がでて生命に危険が及ぶこともあります。

食品アレルギーの症状
全身性症状
 〔アナフィラキシー〕 多臓器の症状
 〔アナフィラキシーショック〕 頻脈、虚脱状態、意識障害、血圧低下

皮膚粘膜症状
 〔皮膚症状〕 蕁麻疹、湿疹、皮膚掻痒感、血管運動性浮腫、発赤
 〔眼科症状〕 結膜充血・浮腫、眼の掻痒感、流涙、眼瞼浮腫
 〔口腔症状〕 口腔・口唇・舌の違和感や腫れ、喉頭絞扼感、喉頭浮腫、嗄声、喉の痒み・イガイガ感

消化器症状
 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便

呼吸器症状
 くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、呼吸困難、咳、喘鳴(ヒューヒュー音)