HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

動物アレルギー


 〔動物アレルギ-〕は、犬や猫、ハムスターなどのペットやいろいろな動物に接触したり、動物が居た場所に行ったりすると起こるアレルギー症状を指します。

 動物アレルギーの代表格は〔猫アレルギー〕や〔犬アレルギー〕で、別名〔ペットアレルギー〕とも呼ばれます。


 普段の生活ではアレルギー症状がないのに、ペットや動物と接触すると発症する場合には、動物アレルギーの可能性があります。特に、ペットの皮膚や毛、羽毛に触ったり、唾液、尿などに接触すると症状がひどくなる傾向があります。

 〔猫アレルギー〕は、ペット猫の皮脂腺や唾液のたんぱく質が猫アレルギーの原因ともいわれます。猫はよく自分の毛を舐めたりするので、猫アレルゲンが毛に付いています。一般的に猫はお風呂が嫌いなため、皮膚や毛皮を清潔に保ち憎いことが一因です。

 猫ばかりでなく、犬を飼う人には〔犬アレルギー〕が出ることがあります。特に室内犬の場合には、猫と同様に人に接する機会が多いからと考えられます。

 〔動物アレルギー〕の治療法には、減感作療法というものは行われません。そのペットを飼わないとか、なるべく近づかないなどの予防的な処置をとるか、常に部屋を綺麗にし、ペットを清潔に保つように気を配るしか方法はありません。