HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

接触性皮膚炎


 〔接触性皮膚炎〕とは、〔急性皮膚疾患〕のひとつで、俗称で〔かぶれ〕と呼ばれる疾患です。

 通常、〔かぶれ〕を起こす原因物質に触れると、その部分の皮膚に赤い発疹がでたり激しい痒みが生じます。

 水疱や紅斑、丘疹などがあらわれる典型的な皮膚炎となります。


 一度〔かぶれ〕が発症すると、その物質に触れる度に同様な症状が生じるようになるのが普通です。

 〔接触性皮膚炎〕には、〔一次刺激性接触性皮膚炎〕と〔アレルギー性接触性皮膚炎〕とがあります。

 〔一次刺激性接触性皮膚炎〕の方は、原因となる物質に皮膚が接触すると、誰にでも炎症が起こります。一方で、〔アレルギー性接触性皮膚炎〕の方は、皮膚に炎症が起こり湿疹を誘起するもので、その物質にアレルギーのある人にだけ症状が現れます。

 〔一次刺激性接触性皮膚炎〕の原因物質には、刺激性の強い石鹸、洗剤、溶剤、その他の化学物質などがあります。尿や便の細菌による分解で生成されるアンモニア刺激で生じる、おむつかぶれもあります。

 〔アレルギー性接触性皮膚炎〕の原因物質には、化粧品や外用薬、カニやエビの魚介類、銀杏やマンゴー、メロンなどの果物、漆やサクラソウなどの植物、チタンなどの歯科金属、漆、白髪染め、ゴム手袋やコンドームなどのゴム製品などが有名です。

接触性皮膚炎のアレルゲンとなる物質
食べ物  レタス、にんにく、海老、かに、アロエ、マンゴ、キュウイ、メロンなど
化粧品  香料、香水、毛染め、パーマ液
毒性植物  ウルシ(ツタウルシ、アメリカツタウルシ)、サクラソウ
金属類 〔チタン、ニッケルなどの金属〕
 歯科金属、ネックレス、ピアス、時計バンド、
 メガネ、指輪などの装飾品など
ゴム類  ゴム手袋、ラテックス、コンドーム
医薬品 〔抗生物質類(局所性抗生物質類)局所麻酔剤〕
 外用(塗り薬) アンダーム軟膏、抗生物質の軟膏、
 稀にステロイドなど
 湿布
化学物質  石鹸、洗剤、溶剤、接着剤、建材、セメント・塗料など
 日用品 オムツの素材・ラップなど