HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ハウスダストアレルギー〕

 

 ハウスダストというのは、日常生活をしている部屋など家庭の中に存在する塵・ダストのことです。

 具体的には、チリダニ、カビ、細菌、動物の毛、人の皮膚やアカ、フケ、タバコの灰、繊維類、砂塵、鉱物類など無数に存在します。

 このハウスダストによって引き起こされるアレルギーが ハウスダストアレルギー です。


 多くの場合に原因となるアレルゲン物質は、チリダニなどの虫類やその糞などです。チリダニは人のフケや皮膚のかけらなどを栄養源として繁殖するので、実質上、ハウスダストアレルギーは、ダニアレルギーとほぼ同義語となります。

 「チリダニ」というのは、ハウスダストアレルギーの主犯となるダニですが「ヤケヒョウダニ」と「コナヒョウダニ」という二種類がいます。チリダニは卵から成虫までの生育期間が10~30日で、1~3か月の寿命があります。非常に小さいので人の目には見えません。


 一般にハウスダストは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などの原因となるアレルゲンで、ハウスダストによるアレルギーは、通年性のアレルギーとなります。

 ハウスダストアレルギーの症状は、朝夕の鼻水、くしゃみ、就寝時や起床時の咳や喘鳴、呼吸困難などです。また、夜間の鼻づまりで口を開けて寝るために、口腔内の乾きで目覚めたり、寝不足になることもあります。

 ハウスダストのチリダニは殺虫剤で死滅しますが、チリダニは生きていても死骸でも、糞でもアレルゲンとして作用するので、死滅させるだけでなく、家の中を清潔に維持しないと効果はでません。