HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

膠原病の検査


 〔膠原病〕かも知れないという気になる症状が出た場合、かかりつけ医から専門医を紹介してもらって、検査を受けることになります。

 先ずは、他の病気と同様に、問診や診察を受けます。

 〔膠原病〕は免疫反応の異常が原因となることから、先ず「血液検査」が行われ、続いて「尿検査」「画像検査」「その他の検査」など多くの検査が行われます。


 検査の中でも最も重要なのは「血液検査」です。

 〔膠原病〕が自己免疫システムの異常により、自分の身体を攻撃してしまう「自己抗体」が存在することにあるので、各種の抗体を測定することで、〔膠原病〕の種類の特定や、その状態、広がりの範囲を調べることができます。

 各〔膠原病〕に対応して、特定の抗体が存在したり、量が変わるので、病気の識別には、「血液検査」は欠かせません。その他に、腎臓障害などを合併していないかなどの検査として「尿検査」が行われます。

 また、内臓臓器や骨などに異常がないかを調べるために「画像解析技術」などが使われます。


膠原病の検査方法 ◆膠原病の検査や診断はどのように行うのでしょうか。
血液検査  膠原病を早期発見するには血液検査が欠かせません。血液検査は静脈から血液を採取して行います。検査は、病名を診断するためや病気の広がり・活動性を把握するためなどに行います。

血液検査項目
検査項目 診断検査 状態把握検査
赤沈
CRP(C-反応性たんぱく)
血球検査(赤血球・白血球・血小板)
抗核抗体(DNA抗体・PNP抗体・Sm抗体など)
リウマトイド因子
クームス抗体(赤血球抗体)
好中球細胞質抗体
クームス反応擬陽性
血清補体価
複合免疫体  
筋原性酵素(AST(GOT)・CK・アルドラーゼなど)
血漿たんぱく・免疫グロブリン
肝機能検査(AL-P・ALT(GPT)・ピリフビンなど)  
腎機能検査(BUN・クレアチニンなど)  
骨代謝(P・Caなど)  
脂肪代謝(コレステロール・中性脂肪など)  

 赤沈とは「赤血球沈降速度」のことで、膠原病が炎症性の疾患であり、炎症があると赤沈が速くなります。CRPは血管の炎症があると現れるたんぱく質で、数値により炎症の強さが分かります。

 血液中の血球成分である赤血球や白血球・血小板の異常は、この病気の診断や活動性の判定に役立ちます。自分の身体を攻撃する自己抗体には数多くのものがあり、その存在や種類により、膠原病の病名判定などが行われます。どの抗体がどの膠原病と関連するかなどは、個別の病気の項で説明します。

尿検査  尿検査では、たんぱく、糖、沈渣、クレアチニン排泄などを調べます。全身性エリテマトーデスなどの病気では、腎臓障害を起こしやすいので、このような尿検査が必要となるのです。

 尿たんぱくは腎機能障害の進行度を測定するために行います。尿沈渣検査は腎炎などの有無を知る指標となります。クレアチニンも腎機能の測定に使用されます。膠原病が糖尿病を合併していないかを調べるのが尿糖です。

画像検査・他  内臓の障害や骨や関節に変形がないかなどを調べるために、X線撮影や内視鏡検査などが行われます。また、病気の広がりを確認ために、超音波検査やMRI検査、CTスキャン、腎、筋生検なども行われます。