HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

アミロイドーシス


 〔アミロイドーシス〕という病気は、「アミロイド」と呼ばれる繊維性の異常な蛋白が、全身の臓器に沈着して、個々の臓器にさまざまな機能障害を起こす病気です。

 このアミロイド沈着が全身の臓器に起こる場合を〔全身性アミロイドーシス〕といいます。

 また、脳などに限定して起こる〔限局性アミロイドーシス〕というものもあります。


 症状は手足のしびれや麻痺などの多発性神経炎症状、立ち眩み、食欲不振、たんぱく尿、排尿障害などの自律神経症状が見られます。

 数日周期での激しい下痢と便秘を繰り返すこともあります。また、舌、甲状腺、肝臓、脾臓などが腫れ、心臓や腎臓機能が低下します。


アミロイドーシスはどんな病気ですか? ◆「アミロイドーシス」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
アミロイドーシスはどんな病気ですか?  アミロイドーシス(Amyloidosis)は、繊維構造を持つ特異な蛋白である「アミロイド物質」が、全身の臓器の細胞外に沈着し増加してしまう病気です。沈着が減少することはなく、やがて組織を破壊して機能障害を引き起こす難病のひとつで特定疾患に指定されている病気です。

 アミロイドは全身のどの組織にでも沈着するので、障害が発症する臓器の機能不全から診断されます。沈着が多くみられる臓器は、心臓、舌、骨格筋、腸管に多く、その他にも全身臓器の小血管、腱、末梢神経、肺、肝、腎、脾、リンパ節、皮膚、皮下組織、骨髄などです。




アミロイドーシスはどんな症状ですか? ◆「アミロイドーシス」の症状をご説明します。
アミロイドーシスの症状  これらの臓器の機能不全として、不整脈や心不全症状、腎不全などが起こり、それらに付随して、浮腫や下痢、消化吸収障害、巨舌、しわがれ声、リンパ節腫、末梢神経障害、嚥下障害などが起こります。

 厚生労働省特定疾患調査研究班によるアミロイドーシス新分類を下記の表で示します。

アミロイドーシスの分類
全身性アミロイドーシス 免疫細胞性アミロイドーシス(AL型)  原発性アミロイドーシスおよび骨髄腫に合併するアミロイドーシスです。原発性(AL)アミロイドーシスは、心臓や肺、皮膚、舌、甲状腺、および腸管を侵します。

反応性AAアミロイドーシス(AA型)  反応性AAアミロイドーシスは、「続発性アミロイドーシス」「二次性アミロイドーシス」とも呼ばれる病気です。基礎疾患である、腎不全や心不全、関節リウマチ、結核、ハンセン病、家族性地中海熱、気管支拡張症などの基礎疾患に続発して発症します。

家族性アミロイドーシス  家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)、家族性地中海熱などが知られれいる。

透析アミロイドーシス  透析アミロイドーシスでは、長期にわたる透析歴の後に手根管症候群が高頻度で見られます。また、透析アミロイドーシスでは、ネフローゼ症候群を伴う蛋白尿が見られることがあり、これをアミロイド腎症と呼んでいます。

限局性アミロイドーシス 脳アミロイドーシス  アルツハイマー病、脳血管アミロイドーシス、Creutzfeldt-Jakob病などです。脳アミロイドアンギオパシーは高齢者における脳出血の原因として、高血圧についで二番目に多なっています。

内分泌アミロイドーシス  甲状腺髄様癌やII型糖尿病に伴う膵島やインスリノーマに沈着します。心房にも沈着します。

皮膚アミロイドーシス

限局性結節性アミロイドーシス


 アミロイドーシスの症状はそれぞれの病型で異なりますが、いずれも徐々に発病して、ほぼ全症型に共通して、全身衰弱や体重減少、貧血、浮腫などの症状を呈しつつ、腎障害、肝脾腫、巨舌、多発性ニューロパチーなどの現象が現れます。

 アルツハイマー病などの老人班は、脳の神経細胞外へのアミロイド沈着によることが分かってきています。


アミロイドーシスの原因は何ですか? ◆「アミロイドーシス」の原因や発症の仕組みをご説明します。
アミロイドーシスの原因  アミロイドーシスが、「アミロイド物質」と呼ばれる特異な蛋白が、いろいろな臓器の細胞外に沈着する病気であることは分かっていますが、アミロイドの産生とその組織内への沈着の原因は分かっていません。


アミロイドーシスの診断はどうなりますか? ◆「アミロイドーシス」の検査方法や診断方法をご説明します。
アミロイドーシスの診断  アミロイドーシスは臨床症状により診断されますが、生検によってアミロイド物質の存在を証明してのみ確定診断が可能となります。

 アミロイドーシス診断に有用な生検部位は、歯肉、皮膚、神経、腎臓、および肝臓などです。これら臓器の組織を採取し、コンゴレッドで染色してから蛍光顕微鏡で調べます。アミロイドに特徴的な緑色複屈折が観察されれば、アミロイドーシスと診断されます。

 初発症状としては、倦怠感、体重減少から起こることが多い病気です。心疾患では、心エコーに特徴的な所見がみられます。

アミロイドーシスの治療  アミロイドーシスは難治性の病気で、現時点では根治療法は存在していません。他の病気が原因で発症する「続発性アミロイドーシス」では、原因となる基礎疾患の治療により改善を期待できますが、そうではない「原発性アミロイドーシス」の場合には、根本的な治療法はなく、治療は対症療法のみに限定されます。

 アミロイドーシスの予後は、極めて悪く、10年以上生存できる確率は極めて低くなります。初期段階のアミロイド沈着は可逆性があるとされるので、この段階で治療が成功すれば延命も可能ですが、臓器機能不全が不可逆的になってしまった後では、手遅れになります。