HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

ウェーバー・クリスチャン病


 〔ウェーバー・クリスチャン病〕は、皮下の脂肪に炎症が起こる病気で、身体のあちこちに脂肪織炎の皮下結節と呼ばれるしこりができ、圧痛を伴います。

 しこりは最初は暗赤色で柔らかく、次第にくぼみができて硬く黒ずんできます。

 〔ウェーバー・クリスチャン病〕は、多発性の皮下結節を特徴とし、発熱を伴いながら再燃と寛解とを繰り返します。


 ときには、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、心外膜炎、消化管穿孔を生じることもあります。食欲不振や全身の倦怠感、体重減少のような全身症状が現れてきます。


ウェーバー・クリスチャン病はどんな病気ですか? ◆「ウェーバー・クリスチャン病」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
ウェーバー・クリスチャン病はどんな病気ですか?  ウェーバー・クリスチャン病(Weber-Christian Disease)は、1920年代にこの病気を報告した二人の医師の名前から付けられた疾患です。この病気の特徴は、発熱を伴いながら、よくなったり、悪くなったりを繰り返す「脂肪織炎」です。




ウェーバー・クリスチャン病はどんな症状ですか? ◆「ウェーバー・クリスチャン病」の症状をご説明します。
ウェーバー・クリスチャン病の症状  ウェーバー・クリスチャン病が発病すると、皮下脂肪や内臓脂肪部位に白血球の浸潤による炎症・破壊が起こり、痛みのある結節(しこり)をつくります。しこりは、主に四肢の皮下や腹部・背部の皮下に生じます。内臓脂肪に炎症が起こり内臓障害が発生すると、生命の危険におよぶことがあります。


ウェーバー・クリスチャン病の原因は何ですか? ◆「ウェーバー・クリスチャン病」の原因や発症の仕組みをご説明します。
ウェーバー・クリスチャン病の原因  ウェーバー・クリスチャン病の原因は不明です。


ウェーバー・クリスチャン病の診断はどうなりますか? ◆「ウェーバー・クリスチャン病」の検査方法や診断方法をご説明します。
ウェーバー・クリスチャン病の診断  皮下脂肪や内臓脂肪に白血球の浸潤により炎症が起こるものを「脂肪織炎」と呼びますが、皮下結節を触ることができるようならば、脂肪織炎による結節性紅斑・硬結性紅斑の可能性があるので、組織を採取して生検で確認します。

 これらの紅斑は、結核やベーチェット病、膠原病、悪性リンパ腫などでも発生するので、これらの病気との区別のために、鑑別検査が必要となります。このため、血液検査なども実施されます。


ウェーバー・クリスチャン病の治療はどうやりますか? ◆「ウェーバー・クリスチャン病」の治療方法をご説明します。
ウェーバー・クリスチャン病の治療  ウェーバー・クリスチャン病の治療には、ステロイドホルモン薬が使用されます。効果が現れないときは、免疫抑制剤が併用されます。