HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

エボラ出血熱


 〔エボラ出血熱〕は、フィロウイルス科のエボラウイルスを病原体とする〔急性ウイルス性感染症〕です。

 アフリカ中央部(スーダン、コンゴ民主共和国、ガボン)および西アフリカで多く発症しています。この病気の詳細は不明です。

 エボラウイルスの感染力は強力ではありますが、空気感染はしないので、基本的に感染者の体液や血液に接触しなければ感染はしません。


 患者の血液、分泌物、排泄物や、唾液などの飛沫が感染源となります。また、この病気での死者からも感染します。

 発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛などを発現します。進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられます。

 好発年齢や性差は特にありませんが、感染すると死亡率は50%以上に達します。