HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

南米出血熱


 〔南米出血熱〕は、〔アルゼンチン出血熱〕〔ブラジル出血熱〕〔ベネズエラ出血熱〕〔ボリビア出血熱〕などと呼ばれる一連の疾患の総称です。

 それぞれ特定のアレナウイルス科のウイルスが原因となる病気で、中南米の特定地域に分布して発症します。病名にはその特定地域の名称がついています。


4種類の南米出血熱とその原因ウイルス
アルゼンチン出血熱  フニンウイルス
ブラジル出血熱  サビアウイルス
ベネズエラ出血熱  ガナリトウイルス
ボリビア出血熱  マチュポウイルス

 〔南米出血熱〕を媒介するのは、現地に棲息するげっ歯類のヨルマウスというネズミで、その唾液や排泄物と接触したり、吸入したり、あるいは出血熱患者と接触して感染します。

 〔南米出血熱〕は、感染後の7~14日間の潜伏期間を経て、突然の発熱、筋肉痛、頭痛、悪寒、筋肉痛、眼窩後痛、背部痛、消化器症状などで発症します。3~4日後には目眩や嘔吐が始まり身体は衰弱してきます。

 症状が重くなると、高熱や出血傾向、ショックなどの症状を伴い、特徴的な歯肉縁の出血、結膜の充血、皮下や粘膜からの出血による紅斑、紫斑、全身のリンパ節腫大に進展します。神経症状が現れることもあり、手や舌の振戦、せん妄、昏睡、痙攣に至ります。

 多くの場合、発症後10~13日後くらいから症状が改善し寛解傾向となりますが、完全に回復するまでには数か月かかります。

 南米出血熱の致死率は30%以上です。