HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

マールブルグ病


 〔マールブルグ病〕は、人獣共通の感染症です。この病気のウイルスを保有する自然宿主は不明です。

 現時点では発生した場合の確立された治療法はなく、対症療法のみとなります。

 〔マールブルグ病〕は、感染後3~10日程度の潜伏期の後で、突発的に発症します。


 初期症状には、突然の発熱、前頭部と側頭部の頭痛、倦怠感、腰部を主体とした筋肉痛、吐き気、嘔吐、皮膚粘膜発疹、咽頭通などが現れます。

 発症してから1~2日後には、水様性の下痢を起こし、40度C近い発熱と激しい嘔吐を繰り返します。同時に昏睡や精神活動に異常を来たします。

 〔マールブルグ病〕に感染すると、発症第一週中に、口蓋と扁桃粘膜、頚部リンパ節が肥大し、5~7日後には、顔と頸周辺に痒くない暗赤色の斑点状丘疹が発生します。発疹は遠心性に顔面から躯幹、四肢に広がってゆきます。

 発症後5~7日目に、消化管、尿路系、膣、結膜からの出血が認められます。その頃には手足などからの落屑が見られます。そして、多くの患者は発症後7~9日目で死に至ります。

 過去の事例では、致死率は23~25%です。死を免れ回復した場合でも、長期にわたる〔肝炎〕や〔精巣炎〕〔ぶどう膜炎〕〔横断性脊髄炎〕などが認められることがあります。

 〔マールブルグ病〕の発症には好発年齢や男女差はありません。