HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ジフテリア〕

 

 〔ジフテリア〕は、ジフテリア菌を病原体とするジフテリア毒素によって起こる感染症です。

 ジフテリアは、保菌者の咳などの飛沫を介して感染します。通常、ジフテリアの潜伏期間は1~10日と幅広いですが、2~5日が最も多くなっています。

 感染して現実に発症するのは10%前後で、残りの90%の人では特に症状のでない不顕性感染となります。


 ジフテリアは、主に上気道の粘膜に対する感染症として発症しますが、他の身体部位にも感染し、下の表に示すように、侵される部位により多くの種類があります。

 ジフテリアに感染すると、共通的な症状として、39.5度C以下の発熱、咽頭痛などが起こり、飲食物などを飲み下し難くなる嚥下痛などが現れてきます。更に、筋力低下、激しい嘔吐などの症状が起こり、犬がほえるような咳が出ます。


 扁桃付近に「儀膜」と呼ばれる粘り気があり剥がれにくい灰色の膜が付着します。この儀膜は無理やり剥がすと出血します。偽膜というのは、線維素の一部が滲出液と混ってできる、外見上は膜のような生成物のことをいいます。

 喉頭部の腫れや拡大する儀膜のために、気道閉塞が起こりやすく、呼吸困難となることがあり、重症化すると窒息死するリスクが高まります。発症部位により神経麻痺が起こったり失明したりすることもあります。

 合併症として、発症後1~2週間後、および4~6週間後に心筋炎が現れることがあり、この間は突然死する危険性が極めて高くなります。合併症として、末梢神経炎による神経麻痺も起こりますが、重症化を免れればやがて回復し、予後も比較的良好です。

 ジフテリアでは、感染、増殖した菌から産生される毒素により、昏睡などの全身症状に発展した場合に死に至るリスクが高くなりますが、死亡率は平均で5~10%とされています。但し、5歳以下や40歳以上では20%以上になります。


ジフテリアの種類
咽頭・扁桃ジフテリア

 扁桃や咽頭周辺に白~灰白色の偽膜ができます。

喉頭ジフテリア

 咽頭ジフテリアから喉頭ジフテリアに進行すると、気道にも儀膜ができて、呼吸困難となります。儀膜が声門や気管支にまで進展すると死に至るリスクも高まります。

鼻ジフテリア

 血液を帯びた鼻汁、鼻の穴や上唇のただれがみられます。

皮膚ジフテリア

 皮膚ジフテリアでは、皮膚に症状が現れ、全く症状が出ない不顕性感染では、無症候性保菌者となります。

眼結膜ジフテリア

生殖器ジフテリア

 生殖器や陰部などが冒されることもあります。

その他のジフテリア

 腎臓や脳、眼の粘膜、中耳などが冒されることもあります。