HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

鳥インフルエンザ(H5N1)


 〔鳥インフルエンザ〕は、A型インフルエンザウイルスがアヒルやカモ類などの鳥類に感染して起こる鳥類の感染症です。

 ウイルスの宿主は野生の水禽類(アヒル・カモ類など)で、多くの若鶏にも感染が確認されています。  このウイルスがニワトリやウズラなどの家禽に感染すると強い病原性を発揮します。


 非常に多くのウイルスの型があるのですが、その中で「H5N1型ウイルス」は、家禽と接触する人間に感染し発病することがあります。

 このウイルスが変性してヒトからヒトに感染するようになると、強烈なインフルエンザとして発症する可能性があります。

 〔鳥インフルエンザ(H5N1型)〕のニワトリへの感染はアジア地域では頻繁に発生していて、一度に数万羽のニワトリが死滅したことがあります。

 日本国内でも数回にわたり地域のニワトリが感染しましたが、全面的に駆除したためヒトへの大流行は回避されています。

 世界的には、ヒトへの感染・小流行も何度かあり、感染すると発熱し、肺炎の症状を呈しながら高い確率で死に至ります。
 1997年には、香港でH5N1型ウイルスによる死者が発生しましたが、直ちに香港全域でのニワトリが駆除され、ヒトへの大感染、パンデミックは回避されました。

しかし、中国においては、中国政府がヒトへの感染の隠蔽工作を繰り返したため、撲滅の機会を逃してしまい、すでに制圧不可能な状態にあるともいわれています。