HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

コレラ


 〔コレラ〕はコレラ菌を病原体とする感染症です。コレラ菌は鞭毛で活発に運動するコンマ状をした桿菌で、強い感染力があります。

 従来より古典的なアジア型とエルトール型が知られていましたが、1992年にO139型というコレラ菌が発見されました。


 日本ではコレラ菌の内で、O1血清型、O139血清型を原因とするもののみが〔コレラ〕として扱われます。

 〔コレラ〕の主な感染源は、患者の糞便や嘔吐物で汚染された水や食物を飲食することによる経口感染です。

 体内に摂取されるたコレラ菌は胃液で大部分死滅しますが、一部が小腸に達するとそこで爆発的に増殖しコレラ毒素を産生します。

 この毒素は上皮細胞を冒して細胞内の水分、電解質を大量に流出させるので、激しい下痢や嘔吐を起こします。

 〔コレラ〕は経口感染型の感染症であり、感染後1~5日の潜伏期を経て、突然、水様性の下痢や嘔吐などで急激に発症します。

 下痢は一日20~30回も起こりますが腹痛は起こりません。また、発熱はなく、むしろ34度C台にまで体温が低下することがあります。

 頻繁な下痢のために、極度の脱水症状が起こり、血行障害、血圧低下、筋肉の痙攣、虚脱を起こして死に至ることがあります。
 激しい脱水症状のために皮膚は乾燥しきってしまい、顔が痩せた老人の顔のように変貌することがあります。

 症状が非常に軽く、数回の下痢だけで回復する人もいますが、胃弱な人や乳幼児、老人などでは急激な脱水症状で死亡することがあるので注意が必要です。

 WHOの報告では全世界のコレラ患者の人数は20~30万人いるとされます。日本での発生数は、2000年以降平均して毎年50人ほどです。

 治療をしなければ死亡率は75~80%にも及びますが、適切な治療を行えば、死亡率は1~2%程度となります。日本では栄養状態がよいので死亡することはほとんどありません。