HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ウエストナイル熱〕

 

 〔ウエストナイル熱〕は、〔西ナイル熱〕とも呼ばれる感染症で、四類感染症に属しています。

 ウエストナイル熱の病原体は、フラビウイルス科フラビウイルス属に属するウイルスで、日本脳炎と同じです。

 このウイルスは鳥と蚊の間で感染環が維持され、主に鳥類から吸血した蚊を介してヒトに感染します。ウエストナイル熱は、蚊に刺されることで感染します。


 米国の調査では、カラスやアオカケス、イエスズメなど、このウイルスに感染している鳥類は220種類以上だと報告されています。

 この病気は、人間から人間への直接的感染は起こりませんが、輸血、臓器移植、母乳を介しての感染は起こりえます。


 この病気の潜伏期間は2~15日(通常2~6日)ほどで、感染者のうち80%は何の症状もない不顕性感染で終わり、発症率は20%程度です。発症した場合、多くは急性熱性疾患となり、約1週間ほどの短期間で回復します。

 症状の出方には、「ウエストナイル熱」と「ウエストナイル脳炎」の二つがあります。尚、日本での感染例は認められていません。

ウエストナイル熱の症状
ウエストナイル熱

 通常、2~6日ほどの潜伏期間後、インフルエンザ様症状で始まり、39度C以上の突然の発熱をともないながら、頭痛、咽頭通、背部痛、筋肉痛、関節痛、疲労感、発疹、リンパ腺症などの症状が現れます。

 患者の半数ほどには、胸背部に特徴的な丘疹がみられ、痒みや疼痛を伴います。リンパ節が腫れ、腹痛、嘔吐、結膜炎などの症状が出ることもあります。

 通常は、症状は1週間以内で軽快しますが、その後倦怠感が残ることがあります。

ウエストナイル脳炎

 発症者の3~3.5%(感染者の0.6~0.7%)は、ウエストナイル脳炎を起こします。

 中枢神経系に感染が進み、脳幹や脊髄も侵されます。激しい頭痛、高熱、嘔吐、方向感覚の欠如、麻痺、震え、痙攣、精神錯乱、筋力低下、呼吸不全、昏睡、不全麻痺、弛緩性麻痺など多様な症状を呈し、死に至ることもあります。