HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔A型肝炎〕

 

 〔A型肝炎〕は、A型肝炎ウイルスによる感染症です。

 主に、A型肝炎ウイルスに汚染された野菜や魚介類などを生で食べた場合に感染します。

 また、食物を介さなくても、糞便に汚染された手指や食器などを経て感染することもあります。感染力は強く、集団発生することもあります。


 口から侵入したA型肝炎ウイルスは、消化管から吸収されると、肝臓へと到達し、増殖します。

 潜伏期間が1か月ほどで、ウイルスに対する免疫が働き始め、生体の免疫機構により肝細胞が攻撃されるようになると、A型肝炎特有の症状が出現してきます。


 A型肝炎の初期症状は、風邪に似た症状で、38度C以上の発熱を伴いながら急激に発症します。下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、黄疸、全身倦怠感などの症状が起こります。A型肝炎は、慢性化することは少なく、ほとんどの場合、一定期間の症状が出て自然治癒します。

 A型肝炎は、発展途上国では蔓延していますが、先進国ではほとんどみられません。しかし、発展途上国からの帰国者が持ち込むことはありえます。


A型肝炎はどんな病気ですか? ◆〔A型肝炎」とは、一体どんな病気なのかの説明です。
A型肝炎はどんな病気ですか?

 A型肝炎は、HAVと呼ばれるA型肝炎ウイルスの感染による疾患です。一過性の急性肝炎が主な症状で、治癒後には強い免疫が残ります。

 HAVは糞便中に排出され、主に糞口感染で伝播します。最近では、この病気は上下水道などが完備している先進国ではほとんど発生することがなく、衛生環境の不備が目立つ発展途上国で蔓延しています。

 最近の日本では、大規模な集団発生は先ず起こりませんが、飲食店経由での感染や、海外渡航者の感染がかなりの頻度で発生しています。また、発展途上国からの食材の輸入などでは注意も必要とされています。


A型肝炎はどんな症状ですか? ◆〔A型肝炎」の症状の説明です。
A型肝炎の症状

 この病気の潜伏期間は、2~6週間で、発症すると、発熱があり、肝細胞、心筋細胞、骨格筋細胞、腎細胞の細胞内に高い活性が認められる酵素である二つのトランスアミナーゼが上昇します。

 ・ALT(GPT:グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)
 ・AST(GOT:グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)

 これらのトランスアミナーゼ、AST(GOT)とALT(GPT)は、肝細胞がダメージを受けると、血液中に流出していきます。血液中の量と破壊された肝細胞の数には比例関係があるので、血液中のASTやALTを測定すると、肝細胞での障害の程度が分かります。

 食欲不振や嘔吐などの消化器症状を伴い、典型的な症例として濃色尿、灰白色便、黄疸、肝腫大などが現れます。劇症化してしまう場合を除けば、1~2か月で回復します。トランスアミナーゼの回復には半年ほど掛かることもあるものの、慢性化することはなく治癒します。

 一度、感染しても完治すれば、一生涯にわたる免疫を獲得して感染源としてA型肝炎ウイルスを持ち続けることはありません。


A型肝炎の原因は何ですか? ◆〔A型肝炎」の原因や発症の仕組みの説明です。
A型肝炎の原因

 A型肝炎の病原体であるHAVウイルスは、ピコルナウイルス科ヘパトウイルス属に属します。

 A型肝炎ウイルスが、糞便に汚染された水や氷、野菜や果物、サラダ、冷凍食品、また生の魚介類を介して、経口的に感染します。このウイルスは、pH1の強酸性でも安定で、胃の中の胃酸や、50度Cで30分加熱しても死滅しません。


A型肝炎の診断はどうなりますか? ◆〔A型肝炎」の検査方法や診断方法の説明です。
A型肝炎の診断

 A型肝炎の疑いがあるときの診断には、血中の「IgM-HAV」を確認します。このような検査を迅速に行うキットが市販されています。


A型肝炎の治療はどうやりますか? ◆〔A型肝炎」の治療方法の説明です。
A型肝炎の治療

 A型肝炎の治療は安静と食事療法が基本で、特異的療法はありません。