HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ヘンドラウイルス感染症〕

 

 〔ヘンドラウイルス感染症〕は、感染症法の四類感染症の疾患で、パラミクソウイルス科ヘニパウイルス属のヘンドラウイルスの感染に引き起こされる新興感染症で、ヒト、ウマに感染する人獣共通感染症のひとつです。

 ヘンドラウイルスの自然宿主は、Preropus属のオオコウモリで、ウマへの感染経路は不明ですが、ヒトへはヘンドラウイルスに感染したウマの体液や排泄物との直接接触により感染します。ヒトからヒトへの感染はありません。


 現在のところ、適切な治療法は確立されていません。

 ヘンドラウイルス感染症の潜伏期間は、2週間くらいと考えられていますが、はっきりはしません。ヒトが発症すると発熱や筋肉痛などインフルエンザ様の呼吸器症状などの症状を呈します。また、重篤な出血性肺炎、さらには脳炎による意識障害、痙攣などが起こる可能性があります。髄膜脳炎回復患者が再発し、急性進行性脳炎で死亡した例もあります。


 ウマが発症した場合には、出血性肺炎、急性の呼吸困難と突発性の神経症状を示し、致死率は高いとされます。

 現在まで、オーストラリアにおいて3名の患者発生が報告されていますが、詳しいデータはありません。