HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔発しんチフス〕

 

 〔発しんチフス〕は、細胞内でのみ増殖する細菌の一種である、発疹チフスリケッチアによる感染症で、患者の血液を吸血したコロモシラミによって媒介されます。

 患者の発熱中、および解熱後2~3日以内に、患者から血液を吸血したシラミは、発疹チフスに感染し、2週間で死亡しますが、死亡するまでの間は人間から吸血を続けます。


 コロモシラミには吸血時に排便する特性があり、そのコロモジラミが吸血する際に、糞便を人間の身体内に擦り込むことで人間に感染します。コロモジラミの糞便を呼気吸入しても感染します。

 発しんチフスの潜伏期間は6~15日で、39~40度C前後に急上昇する発熱を伴いながら突然発症します。発症すると、発熱、頭痛、悪寒、脱力感、吐き気、嘔吐、手足の疼痛を伴います。

 発しんチフスは、四類感染症に指定された感染症で、患者を診断した医師は届出が義務付けられています。


 発熱後2~5日すると、体幹に発疹が初発し、顔や手掌、足底に生じることは少ないものの、第5~6病日で全身に拡がります。発疹は初期には指圧すると消退しますが、数日後になると消退しなくなり暗紫色の点状出血斑となります。

 患者は、非常に強い急性症状を呈しますが、発熱からおよそ2週間後には急速に解熱します。しかし、重症化する場合もあり、そのときには患者の半数に精神神経症状が現れます。有熱期の第5病日ころからうわ言を発するようになり、第2週目ころからは、興奮発揚し、幻覚や錯覚、狂躁状態に至ることもあるとされます。


 発しんチフスは、適切な治療を受けなければ、10~40%が死亡します。死亡率は、年齢により異なり、小児や部分的な免疫を有する成人では、発疹がなく軽症で経過することもあります。