HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

アメーバ赤痢


 〔アメーバ赤痢〕は、感染病法の五類感染症に指定された疾患であり、原虫の赤痢アメーバの経口感染により起こる消化器伝染病です。

 原虫は、赤痢アメ-バシスト(嚢子)に汚染された飲食物などを経口摂取することにより感染します。

 摂取されるとシストは胃経由で小腸に達し、そこで脱シストして栄養型となり、分裂増殖を繰り返し、大腸に到達します。


 栄養型原虫は、大腸粘膜面に潰瘍性病変を形成し、アメーバ性大腸炎を発症させます。赤痢アメーバは大腸に寄生し、糞便中にシストを排泄します。

 〔赤痢アメーバ〕の潜伏期間は、2~3週間から数か月、数年におよぶこともあるとされ、排便時の下腹部痛などを主症状とする〔赤痢アメーバ性大腸炎〕を発症します。粘血便、下痢、テネスムスなどの症状を伴います。

 一般に下痢症状は比較的緩やかで、粘血混じりの便が1日に2~3回程度のものから、テネスムスを伴い粘血便が1日に20回以上も出るものまであります。

 多くの場合、このような症状は慢性化し、数週間程度の周期で憎悪と寛解を繰り返します。

 アメーバ赤痢は、熱帯、亜熱帯を主体に世界各地で見られ、日本では開発途上国旅行者で発症することがあります。先進国では性感染症とされています。全世界のアメーバ赤痢での死者数は毎年4 ~7万人とされ、日本での発症数は年に100~400人程度です。