HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

急性脳炎


 〔急性脳炎〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患であり、様々な病原体による脳組織の炎症に起因する疾患の総称です。

 〔急性脳炎〕を引き起こす病原体には、単純ヘルペスウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルスA・Bなどのエンテロウイルス、ムンプスウイルス、アルボウイルス(トガウイルス、フラビウイルス、プニアウイルス)、狂犬病ウイルス、アデノウイルス、麻疹ウイルスなどがあります。


 また、最近インフルエンザウイルスも脳炎・脳症の原因になることが明らかになっています。

 〔急性脳炎〕の感染経路は、病原体ごとに異なります。また、〔急性脳炎〕の潜伏期間も病原体ごとにことなります。

 ウイルス感染などにより、脳内に炎症やむくみが起こります。頭蓋内圧が上昇するために、急性の発熱、髄膜刺激症状、痙攣や意識障害、精神障害などの症状が現れてきます。

 髄膜刺激症状として頭痛、嘔気、嘔吐などの自覚症状が出現し、頚部硬直やケルニッヒ徴候などの他覚症状が出ることもあります。意識障害は軽度から高度まで起こります。精神障害として発揚、せん妄などの症状が出現します。

 早期に適切な治療をすれば、多くの場合回復しますが、知能障害や運動機能障害を残すこともあります。

 〔急性脳炎〕は、全世界で発症しますが、好発年齢は2~4歳で、男女差はありません。原因となる病原体により好発時期は異なります。