HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

ジアルジア症


 〔ジアルジア症〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患であり、ジアルジアランブリアの感染によって引き起こされる下痢性疾患です。

 〔ジアルジア症〕の感染経路は、いわゆる糞口感染であり、人同士の接触や、食品を介しての小規模集団感染と、飲料水などを介した大規模集団感染とがあります。


 病原体のジアルジアランブリアは、別名「鞭毛虫」とか「モンキーフェイス」とも呼ばれる原虫で、その生活史は栄養型と嚢子(のうし)より成ります。

 ジアルジアの嚢子に汚染された飲食物が経口的に摂取されると、嚢子は胃を通過後には速やかに脱嚢して栄養型となり、十二指腸から小腸上部付近に定着し寄生します。寄生が胆道から胆嚢に及ぶこともあります。

 〔ジアルジア症〕の潜伏期間は5~25日間程度です。感染しても症状のでない無症候性感染者も多くいますが、発症する場合の主な症状は、下痢、衰弱感、体重減少、腹痛、悪心や脂肪便などですが通常、発熱はありません。

 下痢は非血性で水様~泥状便で、排便回数は一日数回程度から、20回以上など様々でであり、半数の患者では腹痛を伴います。まれに胆管炎や胆嚢炎を起こすこともあります。

 低栄養小児や分泌型IgA低下患者などでは、慢性化、重症化することもありますが、健康状態が良好な日本では、小児や老人、基礎疾患のある人以外では重症化することはまれです。

 〔ジアルジア症〕は、発展途上国を中心に世界で約2億人の感染者がいて、150万人の患者がいると推定されています。日本での1年間の発症数は50~100人ほどで、多くは海外での感染とされています。