HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔咽頭結膜熱〕

 

 〔咽頭結膜熱〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患であり、アデノウイルスの感染により起こる病気です。

 いわゆる、夏風邪のひとつで、プールを介して感染し流行しやすいことから〔プール熱〕とも呼ばれます。

 また、結膜炎を引き起こしやすく、〔咽頭結膜炎〕と呼ばれることもあります。


 病原体であるアデノウイルスには、51種類の血清型が知られていて、呼吸器疾患をはじめ、多彩な疾患を引き起こします。


 呼吸器疾患

 ・咽頭炎   ・扁桃腺   ・肺炎

 眼疾患

 ・咽頭結膜熱 ・流行性角結膜炎

 消化器疾患

 ・胃腸炎

 泌尿器疾患

 ・出血性膀胱炎

 肝炎
 膵炎
 脳炎

 それらの中で、咽頭結膜炎の原因となる主な血清型は、アデノウイルス3型ですが、アデノウイルス7型が原因となることもあり、この場合には症状が重症化することがあります。

 アデノウイルスは感染力が非常に強力であり、口や鼻、喉、目の結膜などから容易に体内に侵入し感染します。主な感染経路は保育園や幼稚園、学校などのプールでの感染ですが、感染患者のくしゃみを吸引することによる空気感染、感染者の使用したタオル、食器などに触れることによる接触感染などがあります。


 咽頭結膜熱、プール熱の潜伏期間は、4~7日間です。その後、38~40度Cの突然の発熱で頭痛、寒気、食欲不振、咳、鼻水、リンパ腺の腫れ、全身倦怠感を伴いながら発症します。

 さらに咽頭炎や結膜炎などの諸症状がでてきます。乳幼児では嘔吐や下痢などの症状がでることもありますが、全部の症状が揃わないこともあります。

 日本での咽頭結膜熱は年間を通じて発症するものの、毎年6月頃から徐々に増加し始め、7、8月の夏季がピークとなります。


咽頭結膜炎の症状
高熱

 38~40度C程度の高熱が4~5日前後続きます。

咽頭炎

 喉が赤く腫れ痛みを伴います。扁桃腺炎に進行することもあります。食欲不振となり尿用事では不機嫌になります。これらの症状は5~7日間ほど持続し軽くなります。

結膜炎

 一般的に眼症状は片方の眼の結膜が赤く充血する結膜炎が始まり、その後他方の眼にも出現します。結膜充血の他、眼の痛み、まぶしさ(羞明)、流涙、めやに(眼脂)の症状がでます。結膜炎の症状は、上眼瞼結膜よりも下眼瞼結膜に強く現れます。

 これらの症状が出現してくると、後頚部のリンパ節が腫れ、圧痛を感じることがあります。

 これらの症状は3~5日ほど持続して軽減していきますが、眼に永続的な障害を残すことはありません。