HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎


 〔A群溶血性レンサ球菌咽頭炎〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患であり、A群溶血性レンサ球菌の感染によって引き起こされる急性の〔咽頭炎〕です。

 原因菌であるA群溶血性レンサ球菌は、グラム陽性球菌であり、〔咽頭炎〕だけでなく,〔しょう紅熱〕〔中耳炎〕〔肺炎〕〔化膿性関節炎〕〔髄膜炎〕など、〔上気道炎〕や〔化膿性皮膚感染症〕など多様な疾患を引き起こす病原菌です。


 この病気は、感染患者の唾液や鼻汁、くしゃみなどの飛沫を吸い込むことによる飛沫感染・経気道感染で感染します。

 また、菌が付着した飲食物などの摂取による経口感染、および患者との接触感染などでも感染します。

 〔A群溶血性レンサ球菌咽頭炎〕の潜伏期間は2~5日ほどで、38~39度Cの突然の発熱と全身倦怠感、喉の痛みによって発症し、しばしば悪心や嘔吐、腹痛を伴います。咽頭壁や扁桃粘膜に発赤が見られ、軟口蓋の小点状出血、舌にイチゴのような赤いブツブツができる苺舌がみられます。

 進行して〔猩紅熱〕を起こし、顔や体に点状紅斑や皮疹等が出現することもあります。また、合併症として、菌の直接作用による〔中耳炎〕〔肺炎〕〔髄膜炎〕〔敗血症〕があります。菌の直接作用によらない免疫異常反応によって〔リウマチ熱〕〔急性糸球体腎炎〕などが起こることもあります。

 〔咽頭炎〕は4~9歳の小児に最も多く発生し、小児の代表的な病気のひとつです。

 〔A群溶血性レンサ球菌咽頭炎〕の患者数は、2003年の調査によれば、年間約11万人の患者が発生しています。