HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

急性出血性結膜炎


 〔急性出血性結膜炎〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患であり、主として二つのエンテロウイルス、エンテロウイルス70(EV70)とコクサッキーウイルスA24変異株(CA24v)よって引き起こされる、激しい出血症状を伴う結膜炎です。

 アポロ11号が月面着陸に成功した1969年に流行したことから、〔アポロ病〕の異名もあります。


 原因病原体である二つのエンテロウイルスは、ヒトからヒトに直接接触で感染し、主に結膜に感染する特徴があります。

 この病気の好発年齢は、6~7歳以下の幼少児が多く、特に1~4歳の幼児に多く発症します。結膜からの出血が特徴的な症状です。この病気に対するウイルスを直接死滅させる医薬はなく、今のところ、特別な治療法はありません。

 〔急性出血性結膜炎〕の潜伏期間は1~3日間です。その後、突然の強い眼の痛み、ゴロゴロ感、眩しさなどの症状で始まり、結膜の充血、まぶたの腫れ、結膜下白目にボツボツとした点状出血が出現し、目やにや流涙が起こります。

 最初は片眼だけの症状であっても、1~2日以内には他方の眼にもうつり両眼性となります。

 頭痛、発熱、呼吸器症状などの全身症状も現れますが、約1週間すると治癒します。EV70ウイルスが原因の場合、羅患後6~12か月内に四肢の運動麻痺を来たすことがあるので、経過観察が重要です。

 この病気は、日本では、沖縄、長崎、熊本、鹿児島など九州各地でしばしば流行します。

 〔急性出血性結膜炎〕は、略号および英語では〔AHC:Acute Hemorrhagic Conjunctivitis〕と呼ばれます。