HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

淋菌感染症


 〔淋菌感染症〕は一般に〔淋病〕と呼ばれる疾患であり、感染症法の五類感染症に指定された性感染症(STD)です。

 この疾患は、〔淋菌〕の感染により引き起こされる病気です。

 原因病原体の淋菌は、弱い菌であり、患者の粘膜から離れると数時間で感染能力を失います。


 日光や乾燥、温度の変化、消毒剤などで容易に死滅するので、性交渉やオーラルセックスなどの性交類似行為以外で感染することはまれです。現実的には、感染者との粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。

 1960年代以降、ペニシリン系薬剤の登場によって〔淋菌感染症〕の治療は容易になりましたが、最近では薬剤耐性淋菌が次々と出現し、問題となっています。

 〔淋菌感染症〕の潜伏期間は約2~9日です。

 この病気は、基本的に尿道、子宮頸部、直腸、喉などの内膜や、眼の結膜を侵しますが、無症状で経過することもあります。

 発症する場合、男性では、尿道通、排尿通、亀頭部の発赤、尿道口からの膿性分泌物、勃起時の痛みなどが現れます。女性では一般に男性よりも軽症ですが、膣分泌物の増加などがみられます。

 妊婦が〔淋病〕に感染していると、新生児は出産時に母体から感染し両眼が侵されることがあり、早期に治療しないと失明する恐れもあります。

 〔淋菌感染症〕は、治療により一旦治癒しても、何度でも再感染することがあります。

 〔淋菌感染症〕は、世界中に存在し増加傾向にある性感染症です。日本で感染者は20歳代に最も多くなっています。統計的には女性は極端に少ないですが、女性の場合には自覚症状がないため、受診の機会がないためとみられています。