HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

クラミジア肺炎


 〔クラミジア肺炎(オウム病を除く)〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患です。

 この肺炎は、「クラミジア」という細菌により引き起こされます。

 クラミジアによる肺炎には、〔肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)〕〔トラコーマ・クラミジア(クラミジア・トラコマーティス)〕および〔オウム病クラミジア〕という三種類の細菌により引き起こされる肺炎があります。


 肺炎クラミジアならびにトラコーマ・クラミジアによる〔肺炎〕と、〔オウム病〕とは病態などが著しく異なるため、五類感染症では、これらを区分し、前2者を〔クラミジア肺炎(オウム病を除く)〕として分類しています。

 病原体のクラミジアは、細菌の一種ですが、細胞壁を有しグラム陰性球菌に類似していますが宿主細胞の細胞内に寄生する偏性細胞内寄生体と呼ばれる特殊な細菌です。

 クラミジア菌は、ヒトを宿主として飛沫感染により伝播し、〔急性呼吸器感染症〕を起こします。通常は、密接に接触する者の間で小規模に感染が広がります。〔クラミジア肺炎〕は、〔市中肺炎〕としてよく見られる〔肺炎〕です。妊婦がクラミジアに感染していると、新生児が産道感染し、結膜炎や鼻炎、肺炎になることがあります。

 クラミジアの潜伏期間は3~4週間です。潜伏期間を経て、発症しますが、原因菌が 「クラミジア・トラコマーティス」の場合と「クラミドフィラ・ニューモニエ」の場合とで症状の現れ方は多少異なります。

 クラミジアトラコマティスによる肺炎は主に新生児に、クラミジアニューモニアエによる肺炎は小児から老人まで幅広く見られます。

 クラミジア肺炎の発症は0~14歳の子供と65歳以上の成人に多く見られます。

クラミジア肺炎の症状
クラミジア・トラコマーティスによる肺炎  クラミジア・トラコマーティスは、主に、既にこの菌に感染している母親からの分娩時に産道感染により新生児に感染します。従って、ほとんどの場合、生後3か月以内の新生児に発症します。

 多くの場合、鼻炎、結膜炎などで始まり、発熱はなく咳、多呼吸、喘鳴、湿性咳嗽、呼吸困難などの呼吸器症状を呈します。

 一般的に、酸素投与や人工呼吸を要するほど重くはないですが、低出生体重児などでは重症化する場合もあります。

クラミドフィラ・ニューモニエによる肺炎  クラミドフィラ・ニューモニエによる肺炎は、感染者の咳や唾による飛沫感染で広がり、子供から成人まで幅広く起こります。感染しても無症候性感染も多くあります。

 38度C以上の発熱を呈することはほとんどなく、咽頭痛、鼻汁、嗄声、呼吸困難などがあっても軽度でですが、咳は長く続くことが特徴です。

 小児では比較的軽症で済みますが、高齢者や基礎疾患を持つ患者では、稀に重症化することもあります。通常は、自然治癒しますが、2回以上感染することもあります。