HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

ペニシリン耐性肺炎球菌感染症


 〔ペニシリン耐性肺炎球菌感染症〕は、感染症法の五類感染症に指定された疾患です。

 この疾患は、ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSp)により引き起こされる感染症です。

 ペニシリン耐性肺炎球菌は、肺炎球菌や化膿連鎖球菌などグラム陽性球菌に有効な抗生物質やペニシリンに対して耐性を獲得した肺炎球菌です。


 この菌は、〔肺炎〕や〔慢性気道感染症〕〔中耳炎〕〔副鼻腔炎〕〔敗血症〕〔心内膜炎〕〔髄膜炎〕など種々の感染症を引き起こします。

 肺炎球菌は、健常者の口腔や鼻腔などに定着している弱毒性の常在細菌で、通常は無症状ですが、〔咽頭炎〕や〔扁桃炎〕などの炎症が発生したときには、炎症部位での菌の増殖が起こり感染症状を呈するようになる菌です。また、乳幼児の〔化膿性髄膜炎〕や小児の〔中耳炎〕〔肺炎〕および高齢者の〔肺炎〕などの原因ともなることがあります。

 この肺炎球菌がペニシリンに対して耐性を獲得したものが、ペニシリン耐性肺炎球菌ですが、対ペニシリン耐性度によりペニシリン低感受性菌(PASP)とペニシリン耐性菌(PRSP)に区別されます。

 PRSPは、ペニシリン耐性を獲得しているものの、病原性や増殖能力など生物学的特徴はペニシリン感受性の肺炎球菌と特に違いはありません。

 この菌は、感染患者からの飛沫により経気道感染を起こします。更に上気道より感染すると、血流に乗って移動し他臓器へも感染します。

 ペニシリン耐性肺炎球菌感染症では、通常の〔肺炎〕と同様な症状を呈するほか、〔副鼻腔炎〕〔心内膜炎〕〔心嚢炎〕〔腹膜炎〕〔関節炎〕まれには尿路生殖器感染から〔菌血症〕を引き起こすこともあります。

 また、感染防御能力の弱い0~6歳児や60歳以上の高齢者では、しばしば〔敗血症〕や〔髄膜炎〕を合併することがあります。

 〔ペニシリン耐性肺炎球菌感染症〕の治療には、新ペネム系、新セフェム系、カルバペネム系、ニューキノロン系などの抗菌薬が用いられます。

 近年、ペニシリン、エリスロマイシン、テトラサイクリンに同時に耐性を獲得した、多剤耐性肺炎球菌も次々と現れ、治療面での脅威となっています。