HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

薬剤耐性アシネトバクター感染症


 〔薬剤耐性アシネトバクター感染症〕は、医薬に耐性を獲得したアシネトバクターによる疾患です。

 この疾患は、感染症法の五類感染症に指定された感染症の病気です。

 「アシネトバクター」は、土壌や河川水など湿潤な自然環境の中でごく普通に生息する環境菌で、健康人の皮膚からも発見されることがあり、動物の排泄物から見つかることもあります。


 アシネトバクターは、多くの種類がありますが、通常は無害です。

 しかし、体力の低下した患者や抗菌薬を長期にわたり使用してきた患者に日和見感染し、〔肺炎〕を代表とする〔呼吸器感染症〕や〔尿路感染症〕をはじめ様々な〔感染症〕を引き起こします。

 その他にも、外傷や手術の治療傷への感染症や〔カテーテル関連血流感染症〕〔敗血症〕〔髄膜炎〕〔心内膜炎〕〔腹膜炎〕〔胸膜炎〕〔骨髄炎〕などの感染症も引き起こします。更に、皮膚や粘膜、軟部組織、眼などの感染症を起こすことがあります。

 このようにアシネトバクターは多くの感染症を誘起し流行させることがありますが、〔アシネトバクター感染症〕に罹るのは、集中治療室の患者やその他の医療機関で入院治療中の重症患者などに限られ、医療機関以外の場で感染することは先ずありません。

 〔薬剤耐性アシネトバクター感染症〕は、通常のアシネトバクター感染症患者の治療に用いる抗菌薬に対して強い耐性を示し効かなくなっている、菌株への感染症ということになります。

 現在、薬剤耐性アシネトバクターには、カルバペネム系やフルオロキノロン系、アミノグリコシド系の3種類の抗菌薬の全てに耐性を示す菌株の存在も知られていて、これによる感染症の治療は極めて困難です。

 薬剤耐性アシネトバクター感染症の発見した指定届出機関は、届出が義務付けられています。