HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

サルモネラ感染症


 サルモネラ菌による感染症には二つの種類があります。

 一つは〔腸チフス・パラチフス〕と呼ばれるもので、もう一方は〔非チフス性サルモネラ症〕です。

 〔腸チフス・パラチフス〕の場合、40度近い発熱があり、脈がゆっくりになる特徴があります。1週間くらいすると胸~腹にばら色の発疹がでます。


 〔非チフス性サルモネラ症〕の場合は、下痢、腹痛、嘔吐、血便などの症状をともない食中毒として発症します。

 〔サルモネラ感染症〕の症状は多岐にわたりますが、最も頻繁に現れるのは〔急性胃腸炎〕です。通常は感染後8~48時間の潜伏期の後に発病します。

 通常、悪心や嘔吐で発病し、数時間すると腹痛と激しい下痢を起こします。下痢は1日に十回以上も起こり、3~4日は継続します。

 幼小児では意識障害や痙攣を引き起こす危険があります。また、高齢者では急性の脱水症状や菌血症を起こし回復が遅れ巣ことがあります。