HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

軟性下疳


 〔軟性下疳(なんせいかかん)〕は、軟性下疳菌の感染により引き起こされる性感染症です。

 これは、生殖器に痛みのある潰瘍ができる病気です。

 〔軟性下疳〕の病原体は、ヘモフィルス・デュクレイという微生物で、これが体内に侵入することによって発症します。


 この病気は、元々は東南アジア、アフリカ、南米地域に多く発生している病気です。

 〔軟性下疳〕の潜伏期間は、3~7日です。潜伏期を過ぎると、生殖器や肛門付近に痛みを伴う小さな水疱・コブが発現します。コブは痛みを伴い、引っ掻くとすぐに潰れてしまいます。水疱がいくつも繋がり膿の塊である膿瘍となりますが、その膿瘍の表面は艶を帯びて赤くなります。

 潰瘍は触ると痛みを感じます。1~2週間後には股のリンパが腫れ上がります。

 発症部位は男女共に生殖器周辺となりますが、男女により多少の違いがあります。特に、多くの場合、男性では潰瘍がひとつだけですが、女性では4つ以上発生します。
軟性下疳の症状
男性の場合  男性では、包皮、カリ、亀頭、睾丸部周辺に痛みがあり膿をもつ米粒大のコブができ、触るとすぐに潰れて潰瘍になります。股付近のリンパ腺が腫れます。潰瘍の数は、男性の半数ではひとつだけできます。

女性の場合  女性では、外陰部・大陰唇に痛みがあり膿をもつ米粒大のコブができ、触るとすぐに潰れて潰瘍になります。股付近のリンパ腺が腫れます。通常、女性では潰瘍の数は4つ以上できます。


 〔軟性下疳〕の治療には、数種類の抗生物質が有効です。セフトリアキソンの注射なら一回の投与で効果がでます。その他にも、アジスロマイシン、シプロフロキサシン、エリスロマイシンの複数回の投与などでも治療できます。

 軟性下疳は、アフリカやアジアなど、発展途上国にひろくつたわっている病気ですが、アメリカでは少ない病気です。日本では、海外渡航者が持ち帰ることがあります。