HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

有毒物質中毒とは


 人体にとって有毒な物質は無数に存在しますが、中でも農薬や多くの有機溶剤などの化学物質は少量でも重篤な中毒症状を招くものとして知られています。

 また、少量であれば有益な物質でも多量に摂取したり、習慣的に摂取し続けると深刻な健康問題を起こすことがあります。


 日常的・習慣的な問題としてアルコールの摂取とタバコによるニコチンの摂取が問題となります。

 アルコールは少量であれば健康にも良いのですが、長期間継続的に摂取するといわゆる〔アルコール中毒〕になります。

 また、喫煙については、深刻な〔ニコチン中毒〕を招き、肺がんの発生率を50倍以上も高めてしまう危険があり、本人ばかりか周辺で二次的に煙を吸うことになる人への害も忘れることができません。

 近年、大きな問題として話題になった深刻な物質中毒として、中国製の冷凍餃子事件がありました。有機リン化合物で農薬や殺虫剤として知られるメタミドホスという物質が餃子に混入していた問題です。意図的な混入かどうかは不明ですが、メタミドホスの混入した餃子を食べて中毒症状を起こした人がいました。

 中国から輸入される農産物などにも多量な残留農薬の存在が指摘されていて、食品の選択にも注意が必要です。

 これらの他にも有毒な化学物質も無数にあるのですが、中でもダイオキシンなどは極めて毒性の高い危険な物質であり、限度以上に体内に蓄積すれば深刻な健康被害を招いてしまいます。