HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔アルコール中毒〕

 

 俗にいう〔アルコール中毒〕には、二つの種類があります。

 ・アルコール依存症
 ・急性アルコール中毒

 アルコール依存症は、「アル中」とも呼ばれる中毒で、いわゆる薬物依存症の一種です。

 飲酒による精神的、肉体的な効果に強く拘わったり、囚われてしまい、自らの意思では飲酒行動を制御できなくなった状態をいいます。


 アルコール依存症になると、自分の意思ではどうしても抑制することができなくなり、強迫的に飲酒を繰り返すようになります。

 このような状態の中で車の飲酒運転をすると、自分だけでなく周囲の人に対しても重大な結果を招いてしまいます。


 一方、〔急性アルコール中毒〕は、急激、かつ大量のアルコールを一気に飲むことで発生する中枢神経障害性の中毒といいます。

 短時間に大量の飲酒をすると、気分が悪くなったり歩行困難になったりします。更に量が多くなると意識が混濁したり、昏睡状態を経て死に至ることもあります。

 20代前半以前の若年者によくある、アルコールを飲みなれていない人の「一気飲み」などは極めて危険です。遊びのつもりで飲んだアルコールで、しばしば生命を落とすことがあります。