HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

ガス中毒とは


 〔ガス中毒〕とは、ガス状の化学物質を直接的に吸入したり、皮膚に接触するなどによって中毒症状を起こした状態をいいます。

 一般家庭でしばしば発生する〔ガス中毒〕は、石油ストーブの不完全燃焼などにより発生する〔一酸化炭素中毒〕です。

 これ以外にも、化学製品の製造工場などでは、ガス漏れなどによりさまざまな種類の〔ガス中毒〕が発生します。


 二酸化硫黄(亜硫酸ガス)、シアンガス、二硫化硫黄、ヒ素ガス、アンモニアガス、ガソリンなど非常に多くの原因物質があり、深刻なガス中毒が起こります。

 ガス中毒の生体への作用による発症パターンには、原因ガスの種類により下記のような種類があります。

ガス中毒の生体への作用による分類
単純窒息性ガス中毒  メタン、エタン、エチレン、プロパン、ブタン、アセチレン、一酸化窒素、二酸化炭素、水素、窒素、アルゴン、ヘリウム、ネオンなどによる中毒。

上気道刺激ガス中毒  アンモニア、酢酸、二酸化硫黄、ホルマリン、フッ化水素などによる中毒。

肺刺激ガス中毒  ホスゲン、塩素、二酸化窒素、オゾン、オキシダントなどによる中毒。

化学的窒息性ガス中毒  一酸化炭素とシアン化水素による中毒