HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ガス中毒〕

 

 〔ガス中毒〕とは、ガス状の化学物質を直接的に吸入したり、皮膚に接触するなどによって中毒症状を起こした状態をいいます。

 一般家庭でしばしば発生するガス中毒は、石油ストーブの不完全燃焼などにより発生する〔一酸化炭素中毒〕です。

 これ以外にも、化学製品の製造工場などでは、ガス漏れなどによりさまざまな種類のガス中毒が発生します。


 二酸化硫黄(亜硫酸ガス)、シアンガス、二硫化硫黄、ヒ素ガス、アンモニアガス、ガソリンなど非常に多くの原因物質があり、深刻なガス中毒が起こります。

 ガス中毒の生体への作用による発症パターンには、原因ガスの種類により下記のような種類があります。


ガス中毒の生体への作用による分類
単純窒息性ガス中毒

 ・メタン中毒。

上気道刺激ガス中毒

 ・アンモニア中毒。
 ・酢酸中毒。
 ・二酸化硫黄中毒。
 ・ホルマリン中毒。
 ・フッ化水素などによる中毒

肺刺激ガス中毒

 ・ホスゲン中毒。
 ・塩素中毒。
 ・二酸化窒素中毒。
 ・オゾン中毒。
 ・オキシダントなどによる中毒

化学的窒息性ガス中毒

 一酸化炭素とシアン化水素による中毒