HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

麻薬・精神変容薬中毒とは


 麻薬や精神変容薬などの〔薬物依存症〕あるいは〔薬物中毒〕は、物質に対する依存症の一つで精神疾患の一つでもあります。

 このような精神に変容をきたす物質には、麻薬や覚醒剤ばかりでなく、抗てんかん薬や向精神薬、その他の医薬品などもあります。

 麻薬や覚せい剤による依存症が、典型的な〔薬物中毒〕となります。


この状態が続くと、身体的にも精神的にもボロボロになり、最終的には廃人になってしまいます。

 麻薬や精神変容性物質による〔薬物依存症〕になると、「離脱症状」や「禁断症状」が現われるようになります。

 離脱症状は、摂取した麻薬や精神変容性物質が、身体内での代謝作用で分解・排出され、体内濃度が減少してくると、精神的に不安定になりイライラしたり、不快な症状を呈するようになる現象です。アルコール中毒などでは、手の振るえなどの禁断症状が現われます。

 離脱症状によるこのような不快感を回避しようと、更に多くの麻薬や精神変容物質などを摂取して一時的な精神の安定を保とうとすることで、薬物依存への果てしなき深みに嵌まり込んでしまうのです。