HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

動注療法


 〔がん〕を治療する抗がん薬は、がんを縮小させたり死滅させるなどの治療効果を発揮しますが、がん以外の正常細胞に対しても障害を与える危険が伴います。

 そこで、がんの存在する臓器に血液を供給している動脈に直接的に抗がん薬を注入すれば効果的にがんを攻撃することができるようになります。


 このようながんの治療法が開発され「動注療法」あるいは「動注化学療法」と呼ばれています。

 動注療法では、脚の付け根にある動脈からがんのある臓器まで細い管を通して、その管を利用して、少量の抗がん剤をがん臓器の栄養血管の直前に注入します。栄養血管とは、その臓器に酸素や栄養を供給している血管のことで、がんもそこから酸素と栄養を奪取して増殖しています。

 動注療法では、注入した抗がん剤が、通常の抗がん剤使用時に比べて数倍~数十倍の濃度で直接的にがん細胞に到達するため、非常に高い治療効果が期待できます。

 この方法では、抗がん剤の通常の経口服用や注射での全身投与に比べて、抗がん剤の使用量は非常に少なくて済むため、副作用も少ないものとなります。

 一般に動注療法がうまく利用できるがんは、太い血管を有する臓器のがんです。〔肝臓がん〕や〔腎臓がん〕が最適ですが、その他でも、〔骨腫瘍〕や〔前立腺がん〕〔卵巣がん〕〔膀胱がん〕〔進行性乳がん〕〔上顎洞がん〕などの頭頸部がんなどの治療にも用いられています。